IBD、戦略コンサル、FASの事業/業務内容の違い

M&Aアドバイザリー業務は、IBDやFASに加え戦略コンサルなどでも行われていますが、どこが違うのかと転職希望者からよく質問されます。

IBD、戦略コンサル、FASの事業/業務内容の違い

まず、IBDは証券会社の免許を持っており、買収資金のファイナンススキームを踏まえた上でのアドバイザリーが可能となります。また、大手証券会社のIBDの場合は、グローバル案件や大型案件に対応するスキルを有している点が強みですが、買収後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)業務には、力を入れていないように思われます。しかし、統合直後は会社全体が混乱しやすく、統合準備が不十分な場合、M&Aが企業の成長力を損なうことになりかねず、M&Aを成功に導くためには、PMIの重要性を認識する必要があります。

FASの場合は、証券会社の免許を持っておらず、IBDと違ってファイナンスのアドバイスなど行うことは出来ませんが、監査法人をバックにしている組織なので、デューデリやバリュエーション(企業価値評価)などの財務面からのサポートは得意であり、又買収後のPMI的なサービスも積極的に行っています。

戦略コンサルの場合は、全社戦略・事業戦略に関するコンサルが本業であり、M&Aアドバイザリーそのものを業務としているわけでもなく、ファイナンスかデューデリジェンス、バリュエーション(企業価値評価)等のサービス提供をすることはありません。

FAS

Posted by willhearts_blog