初めての英文レジメ作成

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 初めての英文レジメ作成

初めての英文レジメ作成

英文レジメ作成

どうすれば英文レジメ数枚で何百倍もの難関を通り抜け、採用担当者に「会いたい」と思わせるレジメを作れるでしょうか。経歴をただ時系列に並べるのでは、この金融不況の中、書類審査を通過するのは皆無に近いと思われます。 レジメは徹底した調査・分析やアピール点の工夫、表現の推敲が大切です。企業がどんな人材や職能を求めているか、ジョブディスクリプションや企業情報をよく読み、ニーズに合致する自分のセールスポイントを分析しましょう。

必要とされる内容は以下の通り
1. Name、Address、Tel&Fax、E-mail、Mobile
2. objective: アプライする仕事・職位を明らかにする。
3. Summary: Objectiveを遂行できる裏付けとなる主要な経験とその年数等を示す。
objectiveに合わせて優先順位を付けましょう。必要とされるスペックを上位に持ってくる。
4. Experience: 在籍した会社を新しい方から順番に記述
(1) 入社から退社までの年月、会社名、会社の所在地
(2) 勤めている会社の説明を入れる。(業務内容、年商、社員数等2行程度にまとめて( )書きで社名の
下に記入
(3) 会社内でポジションが変わったり、役職が変わったりしたときは、その期間ごとにをまとめる
5. Computer Skills & Knowledge:H/W、OS、言語、DB、開発ツール、アプリケーション等を記入
6. Licenses: 必ず取得時期を入れる事。TOEIC/TOEFLなどの取得時期は特に重要
7. Education & Training: 学歴、トレーニング歴なども書くと良いでしょう。修了年月は必須
8. Personal Data: Birth Date & Place、Marital Status等記述
9. References: Available upon request又はWill be furnish upon requestと記述

ウィルハーツを通じて外資系金融機関への転職活動をされる方には、ポジション別のサンプルを差し上げ、作成後担当コンサルタントが加筆・修正のアドバイスをいたします。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.