金融スペシャリストの転職・求人情報

株式会社ウィルハーツ

金融転職の「ウィルハーツ」
  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例
  • 非公開求人とは?
  • 金融業界での初めての転職
  • 外資系金融機関への転職
  • 思わず目に留まる職務経歴書の書き方
  • 初めての英文レジメ作成
  • 各種コンサルファームの求人
  • 銀行・証券のリテールセールス
  • 戦略コンサルファーム
  • クレジットアナリスト
  • 金融機関一覧
  • 投信投資顧問一覧
  • 投資ファンド一覧
  • コンサルティングファーム一覧
  • 職種一覧
  1. 会計士の転職サポート
  1. 特集&コラム
  1. 若手銀行員の転職
  1. M&A最新求人
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融スペシャリストに専門特化した「ウィルハーツ」のホームページへようこそ!

ウィルハーツは、金融業界及びその周辺領域に専門特化したエグゼクティブ・サーチ&転職エージェントです。 金融スペシャリストとしてのキャリアビジョンを持たれている方に、外資系/国内系の有力金融機関、アセットマネジメント、資産運用会社、証券会社、信託銀行、メガバンク、生保、投資ファンド(PE)、ヘッジファンド、投資銀行、ファイナンシャルアドバイザリーサービス(FAS)、M&A仲介会社、金融系IT企業から、金融機関出身者を積極的に採用しているコンサルティングファーム、監査法人、税理士法人まで幅広い求人をご紹介しています。

金融業界の転職市場は、環境が大きく変わりハードルがかなり高くなりました、応募に際しては、求人先金融機関に対応した周到な準備が必要となります。ターゲットとする金融機関の求人ポジションに合わせた履歴書・職務経歴書・志望動機書作成や初回面接から最終面接まで細かく対応しなければ選考過程を順調には通過していきません。

金融業界へ転職また、新型コロナウィルス対策として、多くの金融機関では、リモートワークが導入されています。そのため、中途採用活動を行う金融機関等では、複数の面接過程の中で、WEB面接を取り入れるようになってきました。中には、最終面接以外は、WEB面接といった金融機関もあります。WEB面接は、応募者側も採用側も時間が節約できる等のメリットがある反面、初めてのWEB面接では「WEB面接ならではのマナーは?」「WEB面接で話の内容や熱意が伝わるのか不安」と心配になることが多くなります。今後の金融業界での転職活動では、WEB面接対応が必須となります。

ウィルハーツでは、応募先金融機関に合わせた履歴書・職務経歴書・志望動機書の作成方法からWEB・対面いずれの面接対応まで細かくアドバイスを行なっています。 弊社コンサルタントのアドバイスが選考過程の通過率を大幅にアップさせています。

ご相談は、原則Zoom等オンラインで承っております。金融業界で長くキャリアを積み、転職市場動向を充分に把握した弊社コンサルタントが、貴方のキャリアビジョンを伺い、ベストフィットする求人のご案内をさせて頂きます。(費用は一切かかりません)

業種別に求人を探す

  • アセットマネジメント
  • FAS
  • 証券会社
  • 銀行
  • 生保
  • 投資銀行
  • プライベートエクイティ
  • 監査法人
  • 格付け会社
  • 金融系IT

職種別に求人を探す

当社が、金融機関等からサーチ依頼を受けた求人情報を検索出来ます。「ファンドマネージャー 日本株アクティブ運用」「プライベートエクイティ 若手 1000万円以上」「クレジットアナリスト 外国債券 未経験」など、様々なキーワードを組み合わせて検索することができます。ぜひご自身の希望に合った求人情報を見つけてください。

アセットマネジメント業界への
転職をご希望の方

新型コロナの影響で、採用を控える傾向が強く、特に外資系では海外本社からのヘッドカウントの承認待ちなどが多く見受けられました。しかしながら現在は、新型コロナの影響から回復することを目的とした採用枠の増加や、新戦略を遂行するための新規採用などが増えてきています。若手ポテンシャル採用に加え、30歳代40歳代の即戦力となる求人も増え始めました。ポジション毎の専門知識や実績が何よりも重視され、金融スペシャアリストとして、厳選して採用する傾向がより一層高まっています。

金融業界の中でも特にアセットマネジメント会社は、採用活動を特定の金融専門の転職エージェントに依頼し、「非公開求人」として扱われることが多いのが特徴です。

ワンランク上のポジションに転職を希望されているアセットマネジメントにお勤めの方や、他の金融機関からアセットマネジメントへの転職や求人情報をご希望の方はこちらをご覧ください。

  1. 詳しくはこちら

M&A関連業務への
転職をご検討中の方

国内マーケットの成熟化とグローバル化が進む中、国内企業同士によるM&Aにとどまらず、日本企業による海外企業の買収や、海外子会社の再編に伴うM&Aなど、国境を超えた、いわゆるクロスボーダーM&Aが増えていきてます。加えて、国内企業のアジア圏を中心とした海外進出が益々活発化しています。銀行や証券会社など各金融機関の投資銀行部門やFAS、ブティック系アドバイザリーファーム、事業会社の経営企画部門などで、これらに伴う求人が更に増加しています。

金融業界全体で未だM&A関連の経験者が少ないため、30歳前半までで周辺分野での経験や知見がある方や財務・会計知識がある方であってもポテンシャル採用の対象となっています。

銀行・証券など金融機関へお勤めの方や事業会社の経営企画等の業務を行っている方で、弊社が得意とするM&A関連への転職や求人情報をご検討中の方はこちらをご覧ください。

  1. 詳しくはこちら

メガバンク・信託銀行・地銀の若手
銀行員の方で転職をご検討中の方

かつては、新卒の就職したいランキングで上位を占めていたメガバンクなどの銀行も、最近では転職希望者が増加しているようです。新卒で銀行に就職した人の多くは一流大学出身の方が多く、金融系の資格を保有し、財務会計知識もあることから、転職もなんとかなると思っている銀行員の方が多いかと思います。しかしながら現在の転職市場では銀行員であることが必ずしも有利に働くわけではありません。現実的には、銀行員の経歴が転職活動に有利に働くことは少ないのが現状です。

金融機関以外に転職する場合は、特に銀行員として培った経験やスキルが活かせないことが多く給与ダウンは必至です。給与ダウンを許容し、仕事内容や将来性などを考慮した転職を行いましょう。

銀行員の方で、転職をご希望の方は、長く金融業界でキャリアを積んだ弊社コンサルタントにご相談下さい。有益なアドバイスをさせていただきます。

  1. 詳しくはこちら

FAS(ファインシャルアドバイザリーサービス)
への転職をご検討中の方

銀行・証券・コンサルファームではなくFAS(ファインシャルアドバイザリーサービス)でM&Aアドバイザリー業務や企業再生業務に転職したいと希望する方が増えています。特にスピード感を持って高いスキルを収得したいという方に多いようです。FASには、BIG4系列のFAS会社と独立系ブティック型のFAS会社があり、取り扱う案件のサイズや特質など違います。FAS業界は高度な専門性を持つ人材が転職することが多いマーケットであり、応募に際しては十分な準備をすることが必要です。

現在、ポテンシャル採用に関しては少し採用のハードルが上がっているように思われますが、コーポレートストラテジー、アドバイザリー、トランザクション、バリュエーション部門等では積極採用を行っています。

応募に際しては、入念な情報収集を行い、求人票の内容を読み込み、応募書類作成・面接対策をしっかり行うことが、内定獲得のポイントとなります。

  1. 詳しくはこちら

新着情報

更新

国内系金融機関のDX関連求人が大幅に増加しています。現在、異業種の金融ビジネス参入が増えていることから、従来のスピード感でプロジェクトを進めると、プロジェクトが終了する頃には、「時代遅れの」システムが完成してしまうというリスクがあります。金融機関では、当初は経営企画部やIT企画部などで社内の人材でデジタル化を主導しある程度方向性を定めた段階で、不足している知見を取りいれるために外部のDX人材を積極採用しています。

国内系大手アセットマネジメント会社よりプロファッショナル職レベルの求人です。北米プロジェクトファイナンス担当のクレジットアナリスト、国内外の金融セクター担当のクレジットアナリスト、地方金融機関担当の金融法人営業、ESGアナリスト、弁護士資格のある法務、コンプライアンス、運用報告書作成業務です。詳細は、直接お問い合わせ下さい。

国内系アセットマネジメント会社より新年度上半期の増員求人です。株式運用ファンドマネージャー(内外株経験者・アジア株経験者歓迎)、投信ディスクロージャー、リーガルコンプライアンス、国内外株式ファンドマネージャー若手ポテンシャル採用、金融法人営業、海外営業、販社向け投信RM、海外コンプラ、外部委託運用、外債ファンドマネージャー、年金営業、年金バックオフィス、各ポジションの詳細は直接お問い合わせ下さいませ。

BIG4系FASでは、増加するM&Aやカーブアウトニーズを背景に積極的な中途採用活動が続いています。またDX(デジタルトランスフォーメーション)関連業務でも事業規模を拡大しています。面接もオンラインでの1日休日選考会を各社開催しており、多忙な方や地方勤務の方で、FAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービズ)業務へのキャリアチェンジ転職を希望される方においては、絶好期と言えるでしょう。

格付会社より、事業会社担当格付アナリスト、金融機関担当格付けアナリスト、ESGアナリスト、各種年金に対する資産運用コンサルタント、運用機関評価部アナリスト、主に上場企業を対象にした信用格付の新規開拓営業の新規求人です。詳細は、直接ご連絡ください。

最新注目求人をPICK UP(更新)

無料転職相談をご希望の方

Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.
ページのトップへ戻る