会計士の転職・求人

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

公認会計士のミーティング

金融転職 ホーム > 監査法人の転職・求人 > 会計士の求人/転職

金融スペシャリストへのキャリア構築

会計士バックグラウンドの求人は、再び増加基調にあるとはいえ、業界毎に求める会計士資格プラス・アルファの求めるスキルに差があるようです。大手証券会社の求人では、投資銀行部門でバリュエーション(企業価値評価)などの求人が多く見受けられますが、英語力をプラスαとして求めるところが多く、ハードルがかなり高い状況になっています。

企業再生系のアドバイザリーやコンサルティングファームの求人は他業界に比べ相対的に多く、会計士資格ホルダーを積極採用している状況です。30代の場合は、会計士資格に加え、M&Aアドバイザりー経験やコンサルタント経験、デューデリ経験等、監査経験プラスαのキャリアのある方が高く評価されています。20代の方に関しては、監査経験のみでもポテンシャルを加味して採用しているファームも多く、これまでの監査経験を活かしながら、より企業経営に踏み込んだ仕事をしたいという方にとっては良いタイミングかと思われます。

戦略コンサルティングファームにおいては、採用意欲は旺盛ですが、会計士資格を持っているからと言ってプライオリティがあるような感じではありません。 地頭の良さ・論理的思考・コミュニケーション能力など一般企業にお勤めの方と同じように求められます。財務会計コンサルティングファームに関しては、会計士バックグラウンドの方は歓迎されますが、英語力を兼ね備えている方のニーズが強いようです。

投資ファンドの求人は、各社ともM&Aアドバイザりーや企業再生業務の経験、あるいは戦略コンサル経験のいずれかが必須となっているところがほとんどで、監査法人から直接転職というのは非常に稀で、M&Aアドバイザりー、デューデリジェンス、企業再生、戦略コンサル等の経験を積んだ後にチャレンジする方が現実的です。外資系投資ファンドにおいては、会計士資格は評価はされますが、加えてビジネスレベルの英語力が必須となっています。

一方で、ブティック系やFAS系アドバイザリーファームにおいては、クロスボーダー案件が急増していることもあり、M&Aトランザクションサービスやデューデリジェンス部門を中心に英語力がある若手会計士を積極的に採用しています。おおよそTOEIC800点以上であれば、スピーキング力が劣っていても入社後鋭意努力することを条件に採用というポジションも見受けられます。今後は、会計士資格ホルダーと言えどもキャリアアップを図るためには、英語力などの会計士資格プラスαスキルが必須となります。 求人企業が求めるスキルも高くなり、また希望するポジションで求められるプラスαもまちまちです。

ウィルハーツは、会計士ホルダーの方の転職サポートを得意としており、PEファンドをはじめ、FAS・証券会社の投資銀行部門・M&Aアドバイザリー等豊富な実績を持っております。すぐに転職は考えていない方でも今後のキャリア構築に向けてサポートをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.