プライベート・エクイティ・ ファンドへの転職/求人

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム >プライベート・エクイティ・ファンドへの転職/求人

プライベート・エクイティ・ファンド

プライベートエクイティ ファンドへの転職プライベート・エクイティとは、未公開企業等に対して収益力を高めた上で上場させるか他の投資家に売却する投資のことをいいます。それらが運営するファンドをプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)といい、資金は主に機関投資家などから集められます。プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)にはさまざまな形態があります。未公開企業や不動産に対する純投資もあれば、MBO(経営陣による自社の買収)をサポートする形態もあります。

プライベート・エクイティの投資期間は、いわゆる一般的な株式や債券への投資に比べ長期間となります。その理由としては、プライベートエクイティの利益の源泉にあります。一般的な株式・債券投資と異なり、プライベート・エクイティ投資においては、投資後に、経営などの支援や財務・業務のリストラなど、企業の成長や再生の支援業務を行い、企業価値を高める必要があります。また、株式・債券投資と異なり、上場準備やM&Aによる売却などエグジット戦略の構築も必要となります。そのため、プライベート・エクイティ一・ファンドの運用担当者には一般的な債券や株式の運用を行うファンドマネージャーとは、違った資質が求められます。

プライベート・エクイティ・ファンドの投資手法は、みずから投資した企業に対し深く経営にく関与し、戦略転換、財務改革、オペレーション改革等を行い、バリューアップを行いエグジットを行います。そのため、いわゆる一般的な株式ファンドとは大きく異なります。プライベート・エクイティ・ファンドがターゲットとする企業は成熟し、現在の経営をそのまま続けると、収益が低迷する可能性が高い企業です。こうした状況に置かれた企業に対して経営陣と協働でMBOにより株式を非公開化し、大胆な改革により企業価値の増大を目指します。そのため、プライベート・エクイティ・ファンドの投資期間は5年から10年近くと長いのが特徴です。

プライベート・エクイティ・ファンドの資金の主な出し手は、機関投資家・各種年金です。いわゆる伝統的運用手法への投資では安定的なリターンを得ることが難しく、プライベート・エクイティ・ファンドをオルタナティブ投資と位置付け運用金額の一定の資金を振り分ける投資家が増加しています。

プライベート・エクイティ業界は、株式の非公開化やノンコア事業売却といった事業会社側のニーズと、資金供給側である機関投資家のオルタナティブ投資の拡大という流れを受け、マーケット環境により資金供給と投資機会が衰勢を繰り返しつつも拡大しています。

プライベート・エクイティ・ファンドの最新求人

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.