公認会計士の転職事情

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

公認会計士のミーティング

金融転職 ホーム > 監査法人の転職・求人 > 公認会計士の転職事情

公認会計士の転職事情

新たな公認会計士制度のもとで試験合格者の増加により、合格後即監査法人へ入所というパターンが成り立たなくなりました。また、大手監査法人の早期退職募集やここ最近の監査法人の業績不信を反映し、公認会計士の活躍するフィールドは監査以外の分野に多様化しています。

企業の採用意欲は、徐々に改善はしているものの、リーマンショック以前と比べるとまだまだ回復途上であり、人気の企業やポジションに関しては、かなりの激戦となっており、公認会計士の方にとって、決して有利な環境とはいえません。このような環境の中で、転職を成功させるためには、他の公認会計士との『差別化』」が重要なファクターになってきます。

公認会計士資格者の、志望先としては、「投資銀行」「M&Aアドバイザリー」「コンサルティングファーム」「投資ファンド」「企業再生」「事業会社」のいずれかを志望される方がほとんどですが、現在、複数の国内大手証券会社から優秀な若手社員が転職市場に大量に出ていることもあり、公認会計士資格者といえども希望の企業・ポジションを勝ち取るハードルはかなり高いと思われます。

求人ニーズの状況ですが、英語力のある若手公認会計士の方には、クロスボーダー案件が急増しているFAS系コンサルティングファームや、外資系証券会社の投資銀行部門でポテンシャル採用のニーズが見受けられます。

戦略コンサルティングファームに関しては、採用意欲は回復しており、採用基準を満たす方は採用されることが多いようです。 財務会計コンサルティングファームに関しては、、会計士バックグラウンドの方は歓迎されますが、特に英語力を兼ね備えている方のニーズが強いようです。事業再生・企業再生系のコンサルティングファームや投資ファンドに関しては、監査経験以外に何か得意分野『いわゆる売り』を求める企業が多い状況です。

企業側の採用意欲は回復基調にあり、少しづつポジションは増えてきておりますが、競争に勝ち抜くためには、『いわゆる売り』といった、他の公認会計士の方々との『差別化』を上手くアピールすることが重要です。希望する業界によって、どのようなスキル・キャリアをアピールすべきかは異なっていますが、ご自身のポテンシャル知りたいという方は、是非一度、弊社コンサルタントにコンタクトくださいませ。ご自身では気づかれない可能性も見つかるかもしれません。

監査法人の業績不振を背景に、例年以上に監査法人に所属する公認会計士資格者の転職希望者が多数みられます。公認会計士資格があれば転職は容易という時代はもはや終わりました。転職を成功させるには、公認会計士資格以外に、コミュニケーション能力とか『いわゆる売り』とか、求められるものが多々あります。

大手税理士法人の国際税務・移転価格等グローバル案件へアプライされる場合、経験者が少なく公認会計士をポテンシャルで未経験者を採用する事がよくありますが、その場合の決め手は『ズバリ英語力』です。

TOEICのスコアで900点以上あれば未経験者でも面接に入る可能性が非常に高くなります。読み書きはある程度できるけどスピーキングは自信がないという方は、スカイプ英会話で集中的に勉強するなどの努力が必要です。

コンサルティングファームへの転職希望の場合、やはり監査の立場と、コンサルティングの立場では大きな違いがありますが、それぞれコンサル会社によって求められるに資質が違いますので、戦略系、事業再生、事業承継、M&A、IPOなど対象先に合わせ対応することにより、基本的に対策は可能だと思われます。

監査法人にお勤めの公認会計士の方に限らず、初めての転職の場合は履歴書や職務経歴書の書き方がわからずに思わずネット上のサンプルを参考に作成される方が多いようです。しかし監査法人から転職する際、投資銀行・M&Aアドバイザリー・戦略系コンサル・財務会計系コンサル・投資ファンド・企業再生など、それぞれ職務経歴書の書き方を相手方の理想とするスペックに変える必要があります(もちろん嘘は書いてはいけませんが・・・)。特に戦略系コンサルで言えば論理的思考と職務経歴書自体が自分自身のプレゼン資料として分かりやすくまとめられていることがポイントです。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.