コーポレートファイナンスへの転職/求人

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > コーポレートファイナンスの転職/最新求人

コーポレートファイナンスの転職なら豊富な実績のあるウィルハーツへ

コーポレートファイナンスの求人コーポレートファイナンスとは、企業戦略や財務戦略上資金調達等ニーズのある事業会社に対し、プロジェクトファイナンス、流動化、証券化、ローン組成、M&Aアレンジ、デリバティブ商品提供など金融技術を駆使し財務上の問題解決を行う業務です。

近年、株主資本の重要性が高まり、また株主持合いが徐々に解消し、上場企業の大株主の多くは、海外機関投資家によって占められつつあります。加えてM&Aが活発化しており、株価を高めに維持されないと、買収のターゲットになるかわからないという状況になってきました。そうした中で「企業価値」というキーワードが徐々に定着してきたといえます。コーポレートファイナンスとは、「企業価値」を高めるための活動をいいます。

コーポレートファイナンスの重要性が高まってきた背景には、銀行を中心とした金融システムの変化が挙げられます。銀行はメインバンクという名のもと、ファイナンスについてはすべて面倒を見てくれていました。倒産の可能性もありうる企業でも付き合いの長い企業には、資金を供給してくれ人材も投与してくれていました。また資金と人材を供給するだけではなく、株式も持ってくれ物言わぬ安定株主として頼もしい存在でした。

しかし、様々な規制が緩和され投資家が積極的に活動しやすくなり、海外投資家や投資ファンドなどが企業価値について、物言う株主として企業価値について厳しい声をあげてきています。また、担当事業会社を評価するアナリストなどの厳しいコメントなどに対応する必要があります。企業の評価が、売り上げ重視から企業価値重視に変わってきており、ますますコーポレートファイナンスの重要性が高まってきています。

外資系・日系大手銀行では、金融スペシャリストとして高い評価を受けるコーポレートファイナンス分野の人材ニーズが増加してきています。それほど、この分野での経験者がいない中で、30代の即戦力の経験者や若手ポテンシャル採用としてビジネスレベルの英語力のある方でフィナンシャルテクノロジーの知識・スキルのある方は引く手あまたの状況です。

金融業界に専門特化したウィルハーツには、外資系国内大手銀行等からコーポレートファイナンス関連の求人依頼が寄せられています。そういったコーポレートファイナンス求人案件の中から、貴方にベスト・フィットするものを選んでご案内いたします。外資系国内系共コーポレートファイナンス関連の求人は、増加していますが、ポテンシャル採用では人気のあるポジションのため、ハードルはかなり高くなっています。弊社では、アプライ先に合わせた履歴書・職務経歴書の作成や、面接対策まで細かくアドバイスいたします。コーポレートファイナンス関連の転職をご検討中の方は、まずはウィルハーツにお問い合わせください。

コーポレートファイナンスの最新求人

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.