圧迫面接とは?

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > 圧迫面接とは?

Q.圧迫面接とはどのような面接ですか?

面接でよくある質問面接官が応募者に対して、意地悪な質問や威圧的な内容の質問をする面接のことをいいます。アドバイザリーやコンサルタント、営業職のポジションの面接では、この様な手法が取られることがよく見受けられます。また、面接の中で、あまりにも優等性的な回答ばかりする応募者に対して、本音を探るために突然圧迫面接になることもあるようです。

クライアントから厳しい要求を受けたり、社内からノルマで押しつぶされるような、ストレスにさらされるポジションに耐えられるかいわゆるストレステストの一種のようなものです。「当社は仕事が終わるのが遅くて大変ですよ」、「そのご年齢で3回も転職しているなんて、飽きっぽい性格なんじゃないですか」「当社には向いてないかもしれませんね」等々、面接官は、時として応募者を怒らせるような質問をしその反応を見ようとします。これに対して露骨にムッとしたり、萎縮するようではまず面接通過することはないでしょう。

圧迫面接においては、回答そのものよりも、感情的になることなく臨機応変に迅速かつ冷静な回答をする対応が評価されます。面接担当者に声を荒らげて反論する等の感情的反応や、逆に言葉に詰まり、反論できずに黙り込んでしまう萎縮した態度では失格です。

圧迫面接は、会社のイメージを損なうことになりかねないですから、採用には至らないような候補者には行われないようです。逆にとてもフレンドリーで気持ちの良い面接で終了することが多いようです。ストレス耐性があるならば内定を確定したい応募者に行われると言われています。

ストレス耐性のテストをしているだけだなと割り切り冷静な対応を行いましょう。本番で困らないよう、圧迫面接でよく使われる質問にはどんな内容があるのかあらかじめ知り、対応に備えておくことは大事です。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.