銀行員の転職|メガバンクから資産運用会社

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > メガバンクに勤務する25歳の銀行員

Q.メガバンクに勤務する25歳の銀行員です。運用会社への希望していますが、可能性はありますか?

銀行員の転職市場規模が急拡大している資産運用業界は、圧倒的に人材が足りておらず、中途採用を積極的に受け入れています。しかしながら、その業界では、採用したいけど希望スペックに合う人材がほとんど出てこないというのが現状です。

そこで、ターゲットとなるのが、優秀な若手転職希望者。 業界未経験であっても、地頭が良い人なら入社してから短期間で知識を吸収してくれるだろうという期待があります。いわゆるポテンシャル採用という考え方で、おおよそ25歳〜28歳位がターゲットとなります。

採用する側としては、大企業で働いていた方を優先的に選びます。 金融の基礎的知識を習得し、伸びしろのある自頭の良い方。この条件に20代の銀行員はピッタリ当てはまるのです。

しかしながら、若手のメガバンク・信託銀行・地方銀行といった銀行出身者は様々な業界で歓迎されており、色々な分野でチャンスがある一方、競争相手が多いため、自身の方向性をしっかりと整理した上で活動しないと、「志望動機が不明瞭」という理由で不合格になってしまいます。数多く応募しても通らないということです。

オファーを勝ち取るためには、ポイントをおさえて志望動機・スキル・経験等を伝える必要があります。 加えて、未経験業務へのキャリアチェンジを志向する場合、企業側の採用ニーズの高低により、合格率が大きく変わりますので、応募したい企業に強みを持つエージェントを活用し、適切な応募タイミングを見極めることが重要です。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.