クオンツアナリストの採用

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > クオンツの採用に必要なスキル

Q.クオンツの採用に必要なスキルは何でしょうか?

クオンツアナリスト理工系大学・ 大学院出身のスキルが活かせるポジションにクオンツ業務があります。証券会社では、デリバティブのプライシング業務やモデル開発など、資産運用会社では、パッシブ運用担当者やクオンツアナリストなどの金融専門職を指します。採用されるためには、どのようなスキルが必要となるのでしょうか?

デリバティブのモデル開発は、デリバティブ商品の価格を算出する数式やアルゴリズムを導き出し、コンピュータ上でモデルの数値的動きをウォッチしてアルゴリズムと実装の正しさを検証します。偏微分方程式・モンテカルロ法といった数値計算やプログラミングスキル、統計的手法を使った分析などの知識が必要とされます。

資産運用会社では、パッシブ運用部に所属し、Quantitative(数理的・定量的)な手法を用いた株式や債券などの運用を行います。たとえば株式運用の場合、企業の財務諸表などのデータを運用モデルにあてはめ、統計や数理的手法によって株式の将来のリターンやリスクを予想し、それに基づいて投資を行います。

パッシブ運用というのは、パフォーマンスを日経225やTOPIXなどの指標と連動させることに主眼をおいた運用です。パッシブ運用では、ベンチマークとファンドのリターンが乖離してしまうリスクを定量的な手法を用いて予想し、最小化します。

クオンツアナリストは、ファイナンス理論とコンピュータを用いて財務諸表や成長性などの数値を定量的に分析する定量分析技術を駆使し、新しい運用手法・モデルの開発を行います。金融工学の知識を活かし高度な数学的テクニックを用いて、企業業績の変化やマクロ経済の影響などを膨大なデータから統計的に分析を行います。セオリーに基づいた分析力やデータベースを駆使できる技術、分析結果を踏まえた将来の予測能力などが求められます。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.