最後に何か質問はありますか?と聞かれたら

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > 面接で「最後に何か質問は?」と聞かれたら

Q.面接で「最後に何か質問は?」と聞かれたら・・・

退職してからの転職は不利ですか面接終了時には必ずお決まりの「何か質問はありますか?」と聞かれます。当たり前ですが、「質問はありません」といえば入社意欲が低い人と思われるかもしれません。1つ2つ質問をしたほうが応募先企業に対する興味や意欲を伝えられます。

応募企業を調べていれば、質問したい内容も何点か挙がってくるのが普通です。ただし、業務の基本的内容や労働条件について再度聞き直すことはNGです。「ホームページに掲載されている内容」を質問したり、職務内容よりも待遇面が判断基準になっているように見えてしまう内容などは、印象がよくありませんので注意してください。「もし私が御社からオファーをいただけるとして、入社までの期間に勉強しておくことや身に付けておくスキルでなにか具体的なものがあれば教えてください。」はお勧めの質問です。

また、インタビュアーの役職・立場によって、質問すべき内容は必ず考慮してください。人事担当者であればやる気・会社との相性など好印象の質問、現場レベルの面接であればキャリアやスキル・職場にフィットするかなど、それぞれ評価されるポイントを想定し、準備しておきましょう。

1つ2つ質問をした後に、お礼を丁寧に述べて下さい。たとえば、「ご丁寧な説明を頂きましたので、御社の業務内容も良く判りました。改めて御社で働きたいと思いました。本日は、どうも有難うございました。」と最後はクロージングして下さい。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.