退職してからの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > やはり退職しての転職活動は不利になりますか?

Q.やはり退職しての転職活動は不利になりますか?

退職してからの転職活動企業によってとらえ方や考え方が異なりますので、一概に回答することは難しいのですが、少なくても離職中であることが有利になることはありません。特に、金融機関の場合は、離職者に対する印象が悪いのは事実です。20代半ば位までのいわゆる「若気の至り」的な離職であれば許容範囲的なところは見受けられます。

また、証券会社や銀行、生命保険会社などの金融機関で有価証券を取り扱うリテール営業職の場合などは、顧客とトラブルがあったのではないか等、実績を残している方ほど疑われることもあるようです。

地方勤務のため就業しながらの転職活動が難しい、残業が毎日あり働きながらの転職活動を行うのが困難である、家族が重病になり看護のため退職していたなど、離職した明白な理由が必要となります。

就業しながらの転職活動は難しいとのことですが、生活資金の問題や再就職まで期間が空いてしまうなどの恐れも考えられますので、この点も踏まえた上で慎重に判断されることをお勧めします。離職して転職活動を行うかどうか迷ってらっしゃる場合、一人で悩まず、まずは弊社コンサルタントにお気軽にご相談ください。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.