英語での面接対応準備

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > 英語での面接ではどのような準備をすればよいですか?

Q.英語での面接ではどのような準備をすればよいですか?

英語の面接ただでさえ慣れない英語面接、周到な準備をしておきたいところです。基本的に、質問内容は日本語の面接と変わりませんが、採用されたらいかに会社の利益につながるかを意識し、あなたを採用する必然性をアピールすることがポイントです。

英語面接の成功は「事前準備」で決まります。スキルやキャリアは、書類選考を通過した時点で求人ポジションに見合うと判断されています。外人インタビュアーは、まず最初に場所は判りましたか?などいわゆる世間話から入ってきます。お互いに打ち解けたいという意図があるからです。

英語面接でのポイントは、入社後うまくやっていける協調性があるか、応募企業に対する熱意はどうかがポイントです。今までのスキルセットを事前準備で、どうこうなる訳ではありませんが、協調性や熱意、面接における受け答え方やマナーは事前準備で対応は可能です。そこが問題なければレジメに書かれてあるスキルや経験の詳細を確認のみとなります。

準備としては、予想される質問の回答を丸暗記すると言うのではなく、何を聞かれてもいいように、あらかじめ自分の意見を整理しておいてください。そしてそれをインタビュアーににスムーズに伝えて下さい。職務経歴に関する回答は、分かり易くまとめて話し、今回のポジションに影響ある部分を中心に簡潔に話すように心がけて下さい。

アプライ理由は、あなたのキャリアとアプライしたポジションの業務との共通点を挙げ、新しいポジションの理解度、入社後のスムーズに新しい職務をこなせることもアピールしてください。また、面接の最後には、好印象を残すための「メッセージ」を必ずインタビュアーに伝え、好印象を残しておいて下さい。

お申し込み時によくある質問集に戻る

>
 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.