金融業界の求人は少ないのでしょうか?

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例
  • 非公開求人とは?
  • 金融業界での初めての転職
  • 外資系金融機関への転職
  • 思わず目に留まる職務経歴書の書き方
  • 初めての転職英文レジメ作成
  • 各種コンサルファームの求人
  • 銀行・証券のリテールセールス
  • 戦略コンサルファームへの転職
  • 金融機関一覧
  • 投信投資顧問一覧
  • 投資ファンド一覧
  • コンサルティングファーム一覧
  • 職種一覧
  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > お申し込み時によくある質問集 > 現在、金融業界は求人が少ないのでしょうか?

Q.現在、金融業界は求人が少ないのでしょうか?

求人情報たしかに、求人総合サイト等の情報を拝見すると、他業界に比べ金融業界の求人情報は少ない感じがします。リーマンショック前には、日経新聞の日曜版の求人欄には、国内外のアセットマネジメント会社、証券会社、銀行、生保など多数の求人が掲載されていましたが、今はほとんど金融機関の求人が掲載されていない状況です。金融機関の求人が見られなくなった理由はいくつか考えられます。

まず新卒の社員が十分確保できるようになったことで、第二新卒レベルの採用が不要になったこと。2つ目は、ここ数年来金融業界は全体的に早期退職制度で人員を削減しており、目につく採用が出来にくい状況にあること。最後にグローバル戦略に対応する専門職のポジションの求人が多いため、メディア等を使って採用活動をしても希望するスキルの候補者が見つからないことが挙げられます。

必要とされる金融スペシャリストの採用は、非公開求人として専門性のある転職エージェントのみで人材確保を行う金融機関が多くなっているのが現状です。また、求人依頼をする転職エージェントを絞り込む傾向が顕著になっており、この環境下で金融業界での転職活動をする場合、いかに業界に精通している転職エージェントを見つけるかが成功のポイントだと思われます。

お申し込み時によくある質問集に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.
ページのトップへ戻る