オルタナティブ運用の転職成功事例

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 金融業界の転職成功事例 >オルタナティブ運用の転職成功事例

オルタナティブ運用

事例12:銀行リテール営業からオルタナティブ運用

◆転職理由
私立大学教育学部を卒業後、メガバンクに入行いたしました。入行後、すぐに都内の支店に配属になり、5年間主に個人のお客様に対する営業活動に従事しておりました、支店配属から3年を経過した頃から、人事部の面談毎に英語力には自信があることから、本店での為替業務等語学力を活かせるポジションへの転勤を希望しておりました。しかしながら、5年目の人事面接で次回の転勤も支店営業での異動になると言われ転職を決意いたしました。

◆希望内容
投資信託に興味を持っており、アナリスト資格の勉強も継続して行っていることから、資産運用会社への転職を希望しておりました。

◆面談・転職活動
入社後、アナリスト資格の勉強も継続して行っており1次試験も合格していることから、資産運用会社への転職を希望しておりましたが、どのような求人があるのか、語学力を活かせるポジションとしてはどのようなものがあるのか全く判らず、まずは1年ほど前に国内大手アセットマネジメント会社に転職した同期に相談しました。

人材紹介会社によって手持ちの求人が違うこと、資産運用会社に関しては大手よりは金融に専門特化したエージェントに相談した方が、非公開案件を含め求人数が多いことを教えてもらいました。もっとも重要なポイントとしては、業界に精通したコンサルタントを選ぶことが一番の転職成功の近道であることをアドバイスしてもらいました。結局、彼が転職先を紹介していただいた「ウィルハーツ」さんを紹介され、HPを探し転職相談の申し込みをした次第です。

エントリーシートを送付すると1時間も経たないうちに社長から会いたいとの返信があり、仕事が終わるのが遅いため休日の面談を希望しましたが、勤務先に近い場所に来ていただき、エントリー2日後の夜遅く支店近くのラウンジで面談することとなりました。まずは、そのスピード感に驚きました。

面談では、社長の自己紹介の後、私の出身地から学生時代の事、現在の銀行を選んで就職した経緯、入社後から今までの職務内容、デイリーのスケジュール、お薦め商品、希望職種、今後のキャリアプラン等根掘り葉掘り聞かれました。あとで判ったことですが、面接での自己紹介がどれくらいできるか、試していたみたいです。

自己紹介後は、私が全く知らなかった資産運用業界の実態、各アセットマネジメント会社の特徴・求人・選考ステップ等かなり具体的に説明をいただきました。 一通り資産運用業務の説明を受けイメージを掴んだつもりでいた時、更に社長から語学力と金融スペシャリストという切り口でオルタナティブ・プロダクトマネージャーという提案をいただきました。予想だにしなかったポジションは、私にとっては最初は驚きでしたが社長さんの説明するオルタナティブ投資の話を聞いて非常に興味をもった事を覚えています。転職エージェントというよりは、運用会社の方のような知識には関心いたしました。

面談後、指定されたオルタナティブ投資と私募投信の2冊の書籍を購入し読むこととなりましたが、知らない事ばかりで引き込まれぜひこの仕事をしてみたいという気になりました。1週間程度で書籍を読みほし、ぜひ応募したい旨連絡をしました。すぐに履歴書・職務経歴書・志望動機書のフォーマットが送られてきました。特に重視するようにとアドバイスを受けたのは、志望動機書でした。転職理由やなぜオルタナティブ運用業務か、より具体的に文章で書くようにアドバイスを受け、数回のやり取りをすることで仕上げました。納得がいく志望動機書が完成したのは、読むようにアドバイスされた書籍を購読したからだと言うことは言うまでもありません。

面接は4回ありましたが、それぞれの面接ごとに面談や電話でアドバイスを頂きすんなりと通過出来ました。友人が言った「業界に精通したコンサルタントを選ぶことが一番の転職成功の近道である」ということを実感しました。社長には、約2か月にわたり細かくアドバイスしていただき本当に感謝しております。私のように自身のポテンシャルに気づいてない方はたくさんいらっしゃると思いますが、皆さんも自身の可能性を広げるという意味でもウィルハーツさんに相談されると良いと思います。

入社して半年が経ちましたが、現在は機関投家向け商品プレゼン資料の作成、投資実行時の各種手続きのサポート、ファンドのモニタリングなど運営管理を行っております。今後は、スキルを磨きながらプロダクトマネージャーとしてヘッジファンドやプライベートエクイティ、不動産ファンド、コモディティファンドなど海外のオルタナティブ投資ファンドの仕入れ・私募投信の組成業務を行いたいと思っています。

*上記成功事例は事実をもとに作成しておりますが、個人が特定されぬよう一部内容を変更しております。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.