パフォーマンス分析への転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > パフォーマンス分析|職種紹介

パフォーマンス分析

パフォーマンス分析への転職アセットマネジメント会社や信託銀行の年金運用部門などは、運用を委託している機関投資家、企業年金、各種年金基金等顧客の資産を運用するとともに、その運用のパフォーマンスを委託者に報告することを求められています。資産運用には「パフォーマンス要因分析」というデータ分析業務があり、これはパフォーマンスの要因を数値的に明らかにする分析手法です。

「パフォーマンス要因分析」は、ポートフォリオマネジメントにおける運用成果を把握する分析機能で、 実際の運用計画および実際の運用が投資目的に対して効率的であったかを測定し、より良いパフォーマンスを上げるための運用計画改善を行うことを目的として、分析結果は運用計画へとフィードバックされます。また分析により得られた数値結果は、委託された運用がどのような状況であったかを顧客に報告するためのディスクロ―ジャー資料にも使用されます。

現在は、GPIS(グローバル投資パフォーマンス基準)と呼ばれる収益率測定方法の国際ルールが普及しており、有価証券を主な投資対象とする運用状況を定量的に正しく把握すべく評価分析を行うことは、運用計画へのフィードバック、および顧客へのディスクロ―ジャーを行う上で、運用担当者にとって非常に重要な仕事となっています。

「パフォーマンス要因分析」には、収益率計算、要因分析、リスク分析、スタイル分析などがあり、パフォーマンス評価では、市場全体の収益率を表す指数を比較ベンチマークに設定します。例えば国内株式の場合には、TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとすることが多く、実際の運用パフォーマンスとベンチマーク収益率の差異が超過収益率と呼ばれます。

ポートフォリオとベンチマークのリターンの差異を、資産配分要因、銘柄選択要因などに細かく分解して、各要因がパフォーマンスにどのように寄与したかを分析することを「要因分析」と呼びます。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.