パッシブ運用への転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > パッシブ運用|職種紹介

パッシブ運用

パッシブ運用の転職TOPIXやMSCIなどファンドマネージャーが運用のベンチマークとするインデックスと連動した投資収益を目指す運用をパッシブ運用といいます。市場平均を上回る収益を目指すアクティブ運用は、個別証券が割安・割高などとファンドマネージャーが予測して売買を行うのに比べ、パッシブ運用は運用者の判断で銘柄を決めるのではなく、インデックスに沿うような銘柄を組み入れインデックスに追随した売買を行います。

パッシブ運用のメリットとしては、アクティブ運用と違い個別証券の分析・調査を行わないため手数料などの運用にかかわるコストや、運用報酬など投資家が支払うコストが低く抑えられます。しかし、アクティブ運用には、リスクは高いですが、高い収益を見込めるというメリットがあるため、パッシブ運用とどちらがよいのかについては、様々な考え方があります。パッシブ運用は、運用コストが割り安なことから年金運用の手法としては欠かせないことから、企業年金の運用比率の高い運用会社ではニーズの高いポジションです。具体的な、ポテンシャル採用の必要とされるスペックはおおよそ以下の通りです。

パッシブ運用担当者の求人(ポテンシャル採用)に必要なスペック例
・理工系大学又は大学院卒の方
・数学的要素、統計学に強みのある方
・金融工学を学ばれた方
・CMA、CFA有資格者

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.