投資銀行業務への転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > 投資銀行業務|職種紹介

投資銀行業務

投資銀行業務の求人投資銀行業務とは、ECM業務(エクイティ引き受け)・DCM業務(債券引き受け)を中心に、企業の財務に関するアドバイスを行う業務です。投資銀行はIB(インベストメントバンク)とも呼ばれます。

投資銀行の具体的業務は、企業に対して有価証券の発行による資本市場からの資金調達、M&Aについてのアドバイザリー業務や、財務面においてはローンや不動産の証券化による資金調達、為替や金利のデリバティブ商品でのリスクヘッジ・サポートなど多岐に亘ります。

投資銀行部門で働くためには、金融の専門知識やマーケットに精通していることに加えて、情報収集力、提案能力、営業力などが求められます。投資銀行部門は、業績次第で高収入となる職種であり、金融系の業種の中では現在最高峰のキャリアであると言われています。


投資銀行部門への転職は、国内系証券・外資系証券に関わらず求人ニーズが相変わらず高くなっています。ECMやDCM、M&Aアドバイザリー業務等は高度なスキルを要する業務であるため採用条件が厳しく、転職の際には各分野の高度な専門知識や実績が求められます。またポテンシャル採用の場合は、金融知識に加え、伸びしろ・語学力・忍耐力など、かなりのスペックを求められます。そのため、各社共に要件に見合う人材の確保が困難であるため、各職種の有能な人材の採用に躍起になっています。

ECM・DCM業務では、グローバル・オファリングが近年多く見受けられ、M&A案件も円高を背景にインアウト案件が多く、国内系証券・外資系証券とも殆どの求人はビジネスレベルの英語力を求めるところが多くなっています。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.