日本株アナリストへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > 日本株アナリスト|職種紹介

日本株アナリスト

日本株アナリストの転職いわゆるバイサイドの日本株アナリストは、担当する業界及び銘柄について直接企業への取材や会社説明会、また証券会社のアナリストからの情報収集・分析を基に自社のファンドマネージャーへ情報提供・レーティング推奨を行います。

取材等でのインプット、ファンドマネージャーへの情報提供というアウトプットの両面でコミュニケーション能力も必要とされます。 大手アセットマネジメント会社の中には、同じセクターに複数のアナリストを抱え、担当セクターを分けているところもありますが、おおよそ各社15名程度のアナリストで全業種をフルカバーしている状況です。

自社のファンドマネージャーが銘柄のりバランスをする際の判断材料としてアナリストレポートを作成しますので、セルサイドアナリストと違いバイサイドアナリストのレポートは公に公開されることはありません。又、バイサイドアナリストは、アクティブファンドのファンドマネージャーへのキャリアパスとして認知されているポジションでもあります。

日本株アナリスト職は専門性が高い職種ということもあり、他社からの移籍やセルサイドアナリストからの転職がほとんどを占めています。しかし、完全未経験のポテンシャル採用が行われることはまずあまりありませんが、財務分析等のスキルをお持ちの方であれば採用する側が気に入れば、可能性はあります。

また各分野に精通した人材を求めている職種ですので、各種事業会社の経営企画部門の方、特定領域の研究者(バイオ、半導体、自動車業界等)の方がポテンシャル採用されるケースも見受けられます。

日本株アナリストは、専門性が高く、原則は経験のある方でないと門戸が閉ざされている職種ですが、期間限定でポテンシャル採用を行うこともございますので、日本株アナリストを目指されている方は、こまめに情報収集を行い、転職のタイミングを逃さないことが重要です。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.