アクティビストファンドへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > アクティビストファンド|職種紹介

アクティビストファンド

アクティビストファンドの採用動向「物言う株主」と言われるアクティビストファンドとは、単に投資して値上がりや配当から得られる利益を期待するのではなく、株式を買い集めて大株主となり経営陣に対し、経営の効率化や遊休資産の活用、増配、自社株買い等を提案します。提案が受け入れられ、その結果株式が値上がりし売却して高い利回りを狙うバイアウトファンドの1種です。

アクティビストファンドのファンドマネージャーが投資企業を選定する条件としては、余剰資金が豊富でPBRが低く、時価総額が小さい、割安に放置されたいる企業に投資します。取得後は、株式が上昇するのを待つのではなく、企業の経営者に対し、積極的に企業価値向上のプランを提案していくのです。売却のタイミングとしては、企業価値向上の提案後、受け入れられない場合は、TOBを発表しその企業の本来の価値(株価)まで値段をつり上げ、市場で売却するということもあります。

日本企業に対するアクティビスト・ファンドの影響力は、増大しつつあります。アクティビスト・ファンドによる経営改革を受け入れ遊休地の不動産投資や株主還元策を取り入れ、時価総額を大きく上昇させた企業もいくつかあります。従来から株主総会などで経営陣に対して様々な提案を行う「物言う株主」は、年金基金や機関投資家など存在していましたが、敵対するまでには至りませんでした。

アクティビスト・ファンドの場合は、大株主として単独で、大幅増配や経営者の交代など、現経営陣と対立する大胆な提案が多く、現経営陣がこれを拒否すると、大株主としての影響力を様々な形で行使し、最終的に経営支配権を獲得するためのTOBや、株主総会における委任状争奪戦に発展することもあります。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.