M&A関連の最新求人動向

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム > M&A関連の最新求人動向

M&A関連業務の最新求人動向

金融法人営業国内市場の飽和状態対応のため、新たな戦略を迫られている国内企業は、ここ数年の企業収益の向上や豊富な内部留保加え、低金利での資金調達が可能なことから、M&A市場はかってない活況となっています。国内でのIN-INはもちろんのこと、東南アジアや中国などを中心に日本企業のIN-OUT買収や出資などが継続して増加しています。また、国内大手企業の米系英系などの大規模な同業者買収も目立っています。

現在、投資銀行やFAS、M&AアドバーザリーファームなどでM&Aアドバイザリーのポジションの求人が活況を呈しております。各社、多くのアドバイザリー案件を獲得するために群雄割拠のマーケットの中ディールハンティングに攻勢をかけています。

そのため、各社共マンパワー不足が近々の課題となっており、案件ソーシングが出来る実務経験者(ディレクタークラス)、M&Aアドバイザリー経験のあるアソシエイト〜バイスプレジデントクラス、ファイナンススキルを有するアナリストクラスのポテンシャル採用候補者、現在おおよそ3つの目線での求人が各社から出ています。

ディレクタークラスのポジションでは、マーケットでの高い評価や厚い人脈を持つ方で、売り上げ増が確実に見込める方であれば、好条件でのオファーが獲得できます。アソシエイト〜バイスプレジデントクラスのM&Aアドバイザリー経験者に関しては経験年数も重要ではありますが、クロスボーダーが扱える英語力や特定のインダストリーでの実績などをお持ちの方であれば、魅力的なオファー提示を受けることが可能です。

ポテンシャル採用候補者は、求める目線も高く一定の財務/会計スキルを持っていることが必須です。英語力のある方についてはオファー獲得率が高くなる傾向があります。現在、M&A業務を行う証券会社、銀行、M&Aブティックファーム、FASなどで、積極的に中途採用を行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.