証券アナリスト資格を活かす

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム > 証券アナリスト資格を活かした転職

証券アナリスト資格を活かす

証券アナリスト資格試験証券アナリスト資格といえば、かつては証券会社や運用会社のアナリストが取得する資格と見られていましたが、今では経営分析や証券分析のプロとして、金融系職種やコンサルティング・ファーム、企業の財務部門においても資格取得している人が多くなってきました。「アナリスト資格あれば尚可」と記載されている中途採用の求人票がよく見受けられます。証券アナリスト資格の受講内容は、ファイナンス理論の修得において十分活用でき転職の際には評価される資格です。中途採用時には、「あれば尚可」と言いながら、実際には必須資格ともいえるほど重要視しているところもあります。

証券アナリスト資格とは、社団法人日本証券アナリスト協会の定める検定試験に合格した検定会員のことを指し、Cartered Member of SAAJの略で「CMA」と称されています。証券アナリスト資格は、証券投資の分野において、高度の専門知識と情報収集・分析・評価力および多様な投資意思などを応用し、各種情報の分析と投資価値評価を行い、投資助言や投資管理サービスを行う能力を認定する資格です。証券アナリスト資格は、国家試験ではありませんが、資格としてのグレードは高く、金融業界で働く人にとって信用度抜群のパスポートといえます。

証券会社・運用会社・生損保・銀行・コンサルティングファーム・M&Aアドバイザリー・シンクタンクなどでは入社後、証券アナリスト資格取得を義務づけているところもあるようです。今後、ゼネラリストではなく金融スペシャリストとしてキャリアを積むつもりであれば、早めに証券アナリスト資格取得をすることをお勧めします。

銀行・運用会社・証券会社・生損保では、金融の自由化、グローバル化により様々な新しい金融商品が開発されています。金融スペシャリストとして評価されるためには、市場のクローバル化や取引手法のハイテク化に対応できる高度な分析能力が要求されます。また、銀行の資金証券部や市場営業部では、経済や金融に関する知識はもちろんのこと、情報収集力や分析力や情勢を的確に読み取る能力が求められます。また、支店の第一線で働いている行員にも資金運用相談などの業務では専門的な金融知識が求められます。

証券アナリスト(CMA)取得後、ステップアップとしてよく受験される試験としてCFAがあります。CFAとは、Chartered Financial Analystのことです。イメージとしては、これまで勉強法を紹介してきた証券アナリスト(CMA)が日本のみの資格で、CFAは証券アナリストのグローバル版です。日本国内での資格取得者はかなり少数であり、転職の際には非常に有利な資格です。金融業界では、CMAよりも高い評価を受ける資格です。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.