一次面接で落ちる理由

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム > 一次面接で落ちる理由

一次面接で落ちる理由、やってやろうという気概が感じられない

1次面接一次面接で落ちる理由として多いのは、「本当に入りたいという気概が感じられない」です。実際に質問する前からそれが判るというケースも多々あるそうです。複数のエージェントに登録して多数の会社を次々に受けている方に、この傾向は強いようです。

こういう風に思われるには、まずは見た目の問題があります。表情と姿勢がポイントです。疲れた感じや場慣れした感じは絶対にNGです。本人は、そのような気が無く、少し注意すれば修正できるケースがほとんどです。弊社に来られた場合は、本人のためと思いきちんと注意しています。

面接のメインはトーク内容であることは、言うまでも有りませんが、見た目の問題は最低条件です。また、入りたい企業やポジションについてトコトン調べておれば、熱心に前向きに熱意が感じられます。やる気を感じてもらえるためには、職務経歴書に書いた実績や調べたことを文章化して、自分の言葉で伝えることが重要です。

その他ポイントとしては、志望動機がどこ会社にも通用しそうな内容や前職の会社の批判、入退室の挨拶が出来ていない、動きが鈍いなどです。気概を感じてもらうためには、事前準備が必要です。一貫した転職理由と志望動機及びアプライ企業を受けるに必要な自己PRをきちんとまとめ上げできれば一度文書化することをお勧めします。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.