金融業界での有利な資格

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム > 金融業界での転職で有利な資格

金融業界での転職で有利な資格とは?

資格の勉強金融業界内での転職、他業界から「金融業界に転職を希望する場合に必要なな資格はありますか?」、とよく質問を受けます。キャリアアップを目的として転職を希望する方には資格取得に励む方が多く見受けられます。

こうした意欲の高さは、評価を受ける要因にはなりますが、転職市場で評価されるのはまずはその方の、実績や能力、加えてお人柄です。資格があるから転職に絶対有利という考え方は間違いです。もちろん、本人のスキルに加え必須の資格を求めるポジションも多く見受けられますが、現況では転職に有利となる程度に考えていた方が良いかもしれません。

中途採用には、業容拡大のための求人と、欠員が生じたための求人の2種類がありますが、現況の金融業界の場合には、引き続き欠員補充(即戦力採用)がほとんどであり、初めに資格ありきの求人はほとんど見受けられません。ここでは、職種別に有利となる資格を解説したいと思います。

銀行・証券会社でのリテール営業・・・証券外務員資格2種は必須です。有利な資格となるのは、変額保険販売資格、証券外務員資格1種、内部管理責任者資格、ファイナンシャル・プランニング技能士(1級〜3級)、AFP、CFP、証券アナリスト(CMA)などです。

証券会社での機関投資家営業(ホールセール営業)・・・証券外務員資格1種は必須、必須ではありませんが、CMA・CFAがあれば評価されます。

銀行での法人営業・・・ポジションによっては、公認会計士資格を求めるポジションがあります。評価を受ける資格としては、中小企業診断士、公認会計士、簿記資格です。

アセットマネジメント・・・フロント部門は、証券アナリスト資格(CMA、CFA)、必須ではありませんが、あれば評価されます。

証券アナリスト・・・残念ながら実務経験を第一に求める職種のため、資格を取得しても証券アナリストとして転職できる可能性がほとんど無いのが実情です。どうしても証券アナリストになりたい方は、資格取得後に、社内で調査部門への移動の希望を出した方がよろしいかと思いいます。

M&A関連業務・・・公認会計士資格(CPA、CSCPA)、MBAの資格を必須とする求人も多く見受けられます。クロスボーダー案件を取り扱うポジションでは、USCPAは高く評価されています。

生保商品開発及び主計部門・・・アクチュアリ資格、若手の場合は科目合格者を対象としています。科目合格もしてない方は、逆にアプライすることが出来ません。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.