銀行員の転職先候補

銀行員のキャリア・スキル評価する業界・職種としては、BIG4系FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)のM&AトランザクションサービスやM&Aアドバイザリー業務、バリュエーション(企業価値評価)業務やコーポレートストラ ...

FAS

M&Aアドバイザリー業務は、IBDやFASに加え戦略コンサルなどでも行われていますが、どこが違うのかと転職希望者からよく質問されます。

まず、IBDは証券会社の免許を持っており、買収資金のファイナンススキームを踏ま ...

FAS

グローバル化に伴い、クロスボーダー案件が増加していることから、グローバルなネットワークを持つBIG4系FASへの依頼は必然的に増えているようです。

昨今、M&Aは企業の事業戦略上必要不可欠なものとなり、経営企画部な ...

FAS

FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービズ)は、10年以上前からある業態ですが、ここ数年デジタルトランスフォーメーション関連業務を中心に事業規模を急拡大させています。

BIG4系FASでは、公認会計士や高い財務スキ ...

銀行員の転職指南

若手銀行員の転職希望者のご志向をお聞きしておりますと、M&Aアドバイザーを希望される方が多く見受けられます。日本を代表するような企業が経営戦略の一環として海外の企業に対しM&Aを行ったり、成長性に限りが出てきている企業を買収し傘下に収 ...

銀行員の転職指南

銀行員は、一部の特別採用コースを除き、いくつかの部門をおおよそ3年から5年でローテションで異動し、ジェネラリストとして幅広い経験を積んでいきます。

ジェネラリストとしての異動

入社後、一定の期間新人研修が行われ、その後、ほと ...

銀行員の転職先候補

「クレジット投資」とは、国内外の企業や各種機関、金融機関が発行する債券や証券化商品など発行体が債務不履行に陥るリスク(信用リスクという)をマネージしながら、その対価としてのリターンを取りに行く投資戦略を言います。銀行の一般勘定や生損保 ...

銀行員の転職先候補

銀行員といっても、ご経験されてきた部署・ポジションによって、スキルやご経験は様々かと思いますが、今回は与信業務やクレジットリスク審査業務経験が活かせる格付けアナリストのポジションをご紹介させていただきます。

格付け会社の格付けア ...

転職活動ノウハウ

最近は、金融機関の面接でも「将来のキャリアプラン」について質問されることが多くなりました。この質問の回答を理由に、面接で落ちる方が見受けられ、金融機関側がこの質問の回答を重要視していることが伺えます。

この「将来のキャリア ...

アセットマネジメント

格付け会社の格付けアナリストは、クレジットアナリストとも呼ばれ、企業の支払能力や発行した債券の信用分析を行っています。機関投資家サイドである、生損保や銀行、保険会社や証券会社にもクレジットアナリストがいますが、彼らも格付け会社のクレジ ...