金融法人営業の求人

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム > 金融法人営業の求人が大幅増加

アセットマネジメント会社の金融法人営業求人が大幅増加

金融法人営業マイナス金利の影響で、国内大手や外資系アセットマネジメント会社各社から金融法人営業の経験者及び若手ポテンシャル採用の求人が増加しています。いずれも主なカウンターパーティーとしては、地方銀行・県信連・信金とのことです。

いわゆる地方銀行は、地方景気の大幅回復が見込めず、融資増加も期待できなく、メガバンクほど海外進出のノウハウもないため、今回のマイナス金利政策に影響を受け運用での収益確保は苦戦しそうです。預金で集めた資金での、融資先増も期待出来ず、国債の購入ではリターンが得られず、為替・金利市場でのプロップトレードで利益を上げることも難しくなっています。

運用戦略としては、国債の購入ではなく、リターンが期待できるプロ私募投信での運用、支店では預金獲得ではなく、投資信託や保険の販売で収益を確保ということになります。それゆえ、各アセットマネジメント会社は、プロ私募商品をラインナップし金融法人営業部門を増強しているようです。

プロ私募は「適格機関投資家向け私募投信」の略です。一般的な私募投信は50名未満にしか販売できないのに対しプロ私募は相手が適格機関投資家なら人数の制限はありません。地銀や県信連、大手機関投資家は税制上の理由から、配当金が業務純益に参入できるプロ私募を好みます。年2回値上がり益を配当金として出してくれるプロ私募ファンドを積極的に購入しているようです。

他の資産クラスに比べ安定的に高い分配金を出している外国REITファンドやハイイールド債券、エマージング債券、モーゲージ証券、バンクローン等への投資を行うプロ私募のニーズが高くなっています。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.