ブティック型投資銀行の躍進

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 特集&コラム >ブティック型投資銀行の躍進

ブティック型投資銀行の躍進

ブティック型投資銀行日系の大手金融機関や外資系証券会社の投資銀行部門でで活躍した金融プロフェッショナルがスピンアウトし、投資銀行ビジネスの特定分野に特化し起業したファームがマーケットの拡大と共に業容を拡大している。

投資銀行ビジネスといえば、M&Aアドバイザリー・プライベートエクイティ投資・企業再生・IPO・ストラクチャードファイナンスなどであるがその中でも、特にM&A関連のビジネスを行うブティック型投資銀行は、ディール案件も着実に増加し実績を残し、大手投資銀行のクライアントに確実に食い込んできている。トムソンロイターが4半期ごとに公表しているリーグテーブル日本M&Aレビューを見ればシェア拡大中なのは一目瞭然だ。昨今の超円高やグローバルな不況を背景に企業側は社運を賭けM&Aを駆使して勝ち残ろうと積極的な行動を見せている。特に海外に目を向ければクロスボーダーM&Aや資本参加などのディールの増加、国内では3角合併の解禁に伴い、買収防衛の一環として経営統合ニーズが高く、今後も拡大が予想される。

代表的なブティック型投資銀行としては、GCAサビアン、レコフ、フロンティアマネジメント、経営供創基盤、リサパートナーズ、日本M&Aセンター、デロイトトーマツFA、KPMG FASなどが挙げられる。

各社とも、今後も成長が望めるため、英語力のある財務会計キャリアのある若手や、公認会計士・税理士資格のあるハイスペックな方を継続的に求めており、この状況は当面続きそうだ。また、投資銀行業務への転職希望者も、入社後ピッチブック作成に明け暮れる金融機関のIB部門への転職を避け、即案件に携われるブティック系投資銀行を指向する若手転職希望者が増加しているようだ。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.