販社向け投信営業への転職成功事例

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 金融業界の転職成功事例 >販社向け投信営業の転職成功事例

投信営業

事例15:銀行リテール営業から販社向け投信営業

◆転職理由
私立大学の理工学部を卒業してからメガバンクに入行し約7年間、2店舗で富裕層向けのリテール営業を行ってきました。入社当初より理系的素養を生かすことができる部署への配属を希望していましたが、今後も国内支店でのリテール営業の可能性が高いことを示唆され転職を決意しました。

◆希望内容
富裕層向けの資産運用業務の中で、優れた資産運用商品である投資信託の運用に興味を持っており、全くのキャリアチェンジではなく、これまでの業務経験を生かせるステップアップとなるような業界であることから国内系大手資産運用会社への転職を希望しました。

◆面談・転職活動
転職に当たって何から始めれば良いのか分からず、まずはインターネットで大手転職エージェント、不動産金融エージェント、「ウィルハーツ」さんの3つのエージェントに登録し転職活動をスタートしました。各エージェントの担当者に面談頂く中で運用業界の知識にはかなりバラツキがあることが分かりました。ウィルハーツの菅社長は運用業界の知識が非常に豊富で各運用会社の特徴、運用哲学、選考の流れ等をご教示頂きました。

その中で、国内系大手資産運用会社の投信営業のポジションを提案されました、仕事の具体的な内容・面白さ・やりがい・将来のキャリア構築等詳しく教えていただきました。自身の希望に合致していたため応募することにしました。下準備として投資信託の歴史、資産運用に関する書籍、資産運用業界の動向のレポート等を読むことをアドバイスされ、その後に職務経歴書、履歴書等を作成しました。指定された書籍を読んでいたことから、応募書類作成や面接時の応酬話法にも大変役に立ちました。

通常は複数社に応募すると思われますが、第一志望とする国内系大手資産運用会社一社に絞って応募することをアドバイス頂きました。4回の面接がありましたが、その都度フィードバックやアドバイスを頂き無事内定することができました。転職活動を本格的に始めて1ヶ月程度で内定することができたのは、菅社長の適確なアドバイスと運用会社からの信頼に依るところが大きいと思います。

◆転職活動を始める方に一言
今回の転職活動で感じたことは、転職活動は決して一人では行えないものであると言うこと、応募に際しても自分では気づかない点、見落としてまう点が多々あると思いました。そのような時、真摯にサポートしてくれるエージェントは非常に有り難い存在です。 自分にあったエージェントを見つけられるかで転職の成功率は大きく変わると実感しました。 皆さんもぜひご自分と相性の良いエージェントに出会い、転職を成功させて下さい。

*上記成功事例は事実をもとに作成しておりますが、個人が特定されぬよう一部内容を変更しております。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.