セルサイド・アナリストへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > セルサイド・アナリスト|職種紹介

セルサイド・アナリスト

セルサイド・アナリストセルサイド・アナリストとは証券会社の調査部等に所属する証券アナリストで、証券会社の顧客である機関投資家や個人投資家に対し担当銘柄の調査分析を行い、当該銘柄のレポートを作成し投資情報提供を行います。投資家は、投資判断を行う際の参考としてセルサイド・アナリストから提供された情報を活用し売買を行い、セルサイド・アナリストは、自社への売買手数料収入を拡大させることが業務目的となっています。

セルサイド・アナリストには、株式アナリストや債券アナリスト、クオンツアナリスト、クレジットアナリストなどの種類があります。証券会社では、クオリティの高いアナリスト・レポートを作成するために、各分野に精通した人材を求めており、事業会社等で業界知識や企業分析に精通した方が、セルサイド・アナリストへ転職するという例が多数見られます。

セルサイド側の日本株アナリストは、証券会社の調査部に所属し、産業・企業調査を基に個別証券の分析・評価を行い、機関投資家や個人投資家に対して投資情報を提供することが主たる役割となります。セルサイドアナリストは、主として企業の成長性や収益性をもとに株式価値を評価し、現在の株価が割高であるか割安であるかを判断します。担当銘柄の現在の投資スタンスを、「バイ」「セル」「ホールド」という形で株式レーティングを行います。

セルサイド・アナリストの仕事は、労働時間が長くハードな業務ですが、毎年日経が実施しているアナリストランキング調査やインスティテューショナル・インベスター誌によるアナリストランキングで上位になると高額な年収で他の証券会社への移籍・引き抜き合戦が見られます。

同じアナリストと言ってもバイサイドとセルサイドでは求められる能力がかなり異なり、セルサイドアナリストで高い評価を受けているアナリストがバイサイドへ転職しても、必ずしも高い評価を受けないことがあります。同じアナリスト職として、実際には求められる能力がかなり違うからです。

アナリスト業務をスタートしてある程度の期間は、セルサイド・アナリストでもバイサイド・アナリストでもどちらでもよいと思いますが、最終的にセルサイドかバイサイドどちらでキャリアを構築したいのかを真剣に考える時期が必ずやってきます。

セルサイド・アナリストとして極めたいのであればセルサイドアナリストとしてキャリアを構築し、将来ファンドマネジャーを目指すのであれば、早い段階でバイサイドに移る必要があります。

職種一覧に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.