プライベートエクイティへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > プライベートエクイティ|職種紹介

プライベートエクイティ

プライベートエクイティの転職年金基金や機関投資家のオルタナティブ投資の中でいわゆるヘッジ・ファンドに続いて今後さらに高いニーズが期待できる投資として、ベンチャー・キャピタル・ファンドや経営権獲得のための資本参加、さらに倒産企業の株式などへ投資するプライベートエクイティ投資があります。資産全体に占める比率は、日本では未だかなり低いものの、機関投資家に加え年金基金へもプライベートエクイティ投資が浸透しつつあります。

プライベートエクイティ(PE)とは非公開の株式や資本を意味します。プライベートエクイティには、ベンチャーキャピタル(Venture Capital)とは企業の創業期に対する株式を指し、会社創業後ある程度の日にちが経過し経ち独り立ちできた企業に対しての株式取得はその取得する目的によってエクスパンション・キャピタル(Expansion Capital)とバイアウト(Buyout)があります。

エクスパンション・キャピタル(Expansion Capital)は経営権の取得を目的としない投資に対して使用され、バイアウト(Buyout)は経営権取得を目的とする投資に用いられます。経営権取得の方法によってバイアウト(Buyout)は、MBI・MBO・LBOとさらに分類されます。MBI(マネジメント・バイイン)とは、外部から経営陣を送り込むような株式取得、LBO(レバレッジドバイアウト)は、株式を取得する会社の資産やキャッシュフローを担保にして経営権を取得する方法を意味し、MBO(マネジメント・バイアウト)とは現状の経営陣がその会社の一部を独立・分離する場合に使用されます。

プライベートエクイティの流動性はかなり低く、換金方法としては未公開のままで新たな投資家への転売か株式公開の2通りしかありません。いったん購入すると換金するまでに最低でも数年はかかります。これらの資産への投資は換金できる最終的な出口までたどり着けることができるノウハウを持った投資顧問業を営むプロフェッショナル達のみが出来る仕事です。プライベートエクイティ投資を行う担当者は、FASでのM&Aアドバイザリーや企業再生コンサルタントからの転職組が多く見受けられます。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.