ヘッジファンドへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > ヘッジファンド|職種紹介

ヘッジファンド

ヘッジファンドへの転職現在、メジャーなヘッジファンドの投資戦略として、株式ロングショート戦略やイベントドリブン戦略、債券アービットラージ戦略、エマージング市場戦略、株式マーケットニュートラル戦略、転換社債アービットラージ戦略、グローバルマクロ戦略があります。

株式ロング戦略は、ヘッジファンドの最古の運用手法でありますが、今なお多くのファンドマネージャーがこれを採用しています。この戦略は、株式市場が低調な時でも必ず儲かる個別銘柄の組み合わせが存在し、比較的リスクが低い運用が可能であるからです。この株式ロングショート戦略で高い実績を上げているヘッジファンドには、ファンドマネージャーが数人規模といったブティック系運用会社が多いのが特徴です。

また、イベントドリブン戦略とは、合併・倒産・組織変更など、企業に関する重要なイベントに伴って生じる価格変動に着目し、利益を上げようとする戦略です。具体的なポジションの取り方の一例としては、被買収企業を買い持ちし、買収企業の株式を空売りします。これにより、第三の買収者が出て、被買収企業の株価が高騰するケース、買収価格の高騰により買収者の業績や資金繰り不安により、株価が下がるケースなどによって、どちらかのポジション、あるいは双方のポジションで利益を狙う手法です。

債券アービットラージ戦略とは、国債・社債・地方債・モーゲージ担保証券・金利スワップなど金利商品について、理論価格上あるいは統計上、割り高になっている債券を空売りし、割安な債券を買い持ちする戦略です。異なる金利商品でひずみが生じたときに、売り買いを組み合わせ、ベーターを相殺したポジションを取ることで、債券の絶対的な価値に関係なく、相対価値に着目し利益を上げることを目指します。

グローバルマクロ戦略とは、世界中のあらゆる金融商品(為替・株・金利・商品など)の間に生じた不均衡に対し、政治的なイベントや書くろ経済が与える影響を予測し、レバレッジを効かせた投資戦略です。

一つの運用手法で運用するヘッジファンドをシングルファンドと呼びますが、運用手法の異なるヘッジファンドに分散投資し、一つのファンドとして安定性と高い収益を狙うファンドをファンド・オブ・ヘッジファンドと呼ばれています。

ヘッジファンド運用会社への転職、ファンド・オブ・ヘッジファンドの運用・組成等への転職をご検討中の方は、下記「無料転職相談」よりお気軽にお問い合わせください。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.