ファンド・オブ・ファンズへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > ファンド・オブ・ファンズ|職種紹介

ファンド・オブ・ファンズ

ファンド・オブ・ファンズの求人通常、ファンドは投資家から集めた資金で株式や債券などで運用しますが、「ファンド・オブ・ファンズ」は、複数のファンドに投資し、それぞれのファンドから得られるパフォーマンスを投資家に還元します。反対語としては「シングルファンド」があります。

ファンド・オブ・ファンズのメリットとしては、複数のファンドに投資するためリスクが分散される、株式や債券・REIT・オルタナティブファンドなどプロダクトごとのパフォーマンスの優れたファンドマネジャーの運用力を活用できる、ファンド・オブ・ファンズの資産残高が小さくても資産残高の大きい複数のファンドに投資することで規模の利益が得られる、運用スタイルや運用会社の分散が可能になる、日本だけではなくグローバルな分散投資が可能になる、などが挙げられます。

ファンド・オブ・ファンズのメリットはなんといっても分散投資にあります。ファンド・オブ・ファンズでは、各ファンドへの資産配分を変えることにより安定した運用や積極的な運用など、投資家の資金性格に応じた運用が可能になります。代表的なものには、ライフサイクルファンドやバランス型ファンドなどがあります。

ライフサイクルファンドは、国内外の株式や債券・オルタナティブを組み合わせて運用するバランス型ファンドの一種で、投資家のライフサイクルに合わせて資産配分を変えられるファンドをいいます。通常、購入者が若いうちは、運用期間が長く見込めるため、リスクは大きくとも長期的には高いリターンが期待できる株式の組入比率を高めた積極運用を行います。一方、年を重ねるごとに残りの運用期間が短くなるため、年齢が上がるとともに債券やREITなどの組入比率を増やした安定運用に資産配分を切り換えていきます。

尚、ファンド・オブ・ファンズの関連職種としては、組み入れファンドの仕入れを行うファンド組成担当者やファンド・オブ・ファンズのポートフォリオマネージャー・運用報告書作成担当などのポジションがあります。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.