ESG投資への転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > ESG投資|職種紹介

ESG投資

ESG投資への転職ESG投資とは、企業を非財務面である環境・社会・ガバナンスに対する取り組みを評価・分析し銘柄選択を行う投資手法を言い、日本国内でもGPIFをはじめ大手機関投資家の間で急速に拡がってきています。国内大手資産運用会社や大手機関投資家の間でも、ESG担当アナリストを置いたり、ESG研究チームを発足したりとの動きがみられます。

ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を合わせたものです。ESG投資は、企業が提供する製品・サービスが実際に国際社会や地域社会にとってどれぐらいの付加価値を提供したのかを分析し、投資の意思決定において、従来型のキャッシュフローや利益率などの定量的な財務情報分析を重視するだけでなく、ESGも考慮に入れる手法です。

企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要不可欠であり、ESGの観点が薄い企業は、大きなリスクを抱えている可能性があり、長期的な成長が見込めないという考え方です。

ESGに優れた企業は、国際社会や地域社会、顧客、従業員、株主等を意識した企業価値拡大に向けた多面的・総合的な経営的取り組みを行うため、中長期的な投資リターンが期待できます。

環境(Environment)対応の具体的な内容としては、地球温暖化対策、社会(Social)対応としては、地域社会貢献、女性従業員の活躍など労働環境改善、サプライチェーンのリスク管理など、また企業統治としては、取締役会の構成、取引の透明性、汚職防止、株主権利の確保などが挙げられます。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.