クレジットアナリストへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > クレジットアナリスト|職種紹介

クレジットアナリスト

クレジットアナリストの転職一般的にクレジットアナリストとは、与信管理のための企業調査を行うアナリストをいいますが、運用業界でのクレジットアナリストは、債券運用のために企業の支払い能力や個々の債券の信用分析を行うアナリストをいいます。

クレジットアナリストの仕事は、決算や発行企業に関連するアクシデントが発生した時に、すばやく情報収集を行い、個々の債券の格付けを見直します。(あるいは見直さない)株の世界と違って、債券は非常に狭い世界ではありますが、資金の大きな流れに影響する世界ですので、とてもやりがいのあるポジションです。

クレジット・アナリストは、債券運用が企業年金や機関投資家の運用資金に占める比率が高いことから、ニーズの高いポジションです。具体的な、職務内容及び必要とされるスペックはおおよそ以下の通りです。

【職務内容】
債券運用のための企業等のクレジット評価(日本企業のほか円債を発行する外国企業も含む)を担当
・セクターまたは債券の発行体企業、個別の債券に関するレポートを作成し投資推奨を行う
・格付機関による格付変更や信用上重要な事件(業績の異変や合併等)に際してファンドマネージャーに対して情報提供、投資推奨を行う

【経験・スキル】
・企業分析の経験(株式アナリストも可)
・英語読解力…英文アニュアルレポートや格付機関のレポートなどの毒階力が必要
・CMA資格、またはCFA保有者

・望まれるスキル
(1)分析力・思考力・判断力など一般的な知的能力の高さ
(2)企業又は銀行分析の経験
(3)投資判断・投資推奨を行った経験(債券、株式)
(4)法律知識・法律文書読解力(クレジット・金融関連の民商法、倒産法等の知識もあれば有利)
(5)海外企業分析の経験

・あれば尚可
・証券会社、銀行、保険会社等での分析経験
・特殊法人債、地方債等の分析経験
・ソブリン信用分析の知識・経験
・証券化商品に関する知識・経験

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.