格付けアナリスト

格付けアナリスト

格付けアナリスト

格付けアナリスト

格付けアナリストの現場

格付けアナリストとは、格付け機関/格付け会社に所属し企業の支払い能力などの信用分析を行うアナリストを指します。日本国内で格付けを行うために金融庁に登録を行っている格付会社は信用格付業者と呼ばれ、現在、日本スタンダード&プアーズ株式会社、株式会社日本格付研究所、ムーディーズ・ジャパン株式会社、ムーディーズSFジャパン株式会社、スタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社、株式会社格付投資情報センター、フィッチ・レーティングス・ジャパン株式会社の7社です。

格付けアナリストはクレジットアナリストとも呼ばれ、企業の支払能力や発行した債券の信用分析を行います。 財務内容、特に借金が今後きちんと返済できるかどうかのポイントを重点的に分析します。カバーしている企業の格付けを格下げした場合、その企業の新規の資金調達がコスト高になり、負債の多い企業にとっては、ボディブローのように効いてきます。格付け機関/格付け会社からの格下げ発表後、マーケットでは株式や債券価格が大きく下がるケースも予想され、市場動向に直接影響を与えることのある重要な仕事です。

近年、国内外の機関投資家や資産運用会社では、債券運用に加えストラクチャードファイナンスや投資信託、証券化商品など運用の多様化が顕著になり、格付け機関/格付け会社に対する依頼が増加しており、そのため、格付けアナリストを増員しているところが多く見受けられます。

格付けアナリストとして求められるキャリア・スキルとしては、銀行での審査部門の経験が長い方や、クレジットアナリストとして機関投資家として内部格付けに携わってきた方などが最適と考えられます。 人材の流動化が進み、専門職枠を増員する状況にあるため、第一線で活躍してきた方でなくとも、第二新卒レベルでの採用を実施する格付け機関/格付け会社もあります。 若手20代で実務経験は3年未満であっても、育成を前提として採用しているところも見受けられます。

ストラクチャードファイナンス商品やソブリン債投資、海外の資産運用会社が運用するファンドなど運用対象となるプロダクトの拡大により、格付け機関/格付け会社では、格付けアナリストの増員が急がれています。

銀行、投資顧問、生保・損保などでも企業内クレジットアナリストを増員しており、日本国内では実務経験者や第一線で活躍してきた方が少ないため、適任者のエントリーを待っているという状況です。 限られた専門職のため、実務経験者にとっては、複数会社から内定が出ることも少なくありません。 今後はますます、専門性の高い格付けアナリストの求人ニーズが集まることが予想されるため、企業間の人材獲得競争は激化しそうです

金融業界に専門特化したエグゼクティブ・サーチ&転職エージェント

金融業界を熟知したキャリア・コンサルタントに転職相談無料エントリーフォーム

お電話でのお問い合わせ営業時間 10:00~21:00 /定休 土・日・祝

サイトのURLをPCへ送信後からパソコンでPC用サイトを見たい方