オルタナティブ運用への転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例
  • 非公開求人とは?
  • 金融業界での初めての転職
  • 外資系金融機関への転職
  • 思わず目に留まる職務経歴書の書き方
  • 初めての転職英文レジメ作成
  • 各種コンサルファームの求人
  • 銀行・証券のリテールセールス
  • 戦略コンサルファームへの転職
  • 金融機関一覧
  • 投信投資顧問一覧
  • 投資ファンド一覧
  • コンサルティングファーム一覧
  • 職種一覧
  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > オルタナティブ運用|職種紹介

オルタナティブ運用

オルタナティブ運用とは?オルタナティブ運用とは、従来からの伝統的な運用対象である株式・債券に限定せず、その他のプロダクトも用いて従来の運用手法にとらわれずに行う運用をオルタナティブ運用といいます。株式市場の低迷やグローバルな低金利を背景に、機関投資家や年金基金を中心にニーズが高まり、中には海外のオルタナティブ専門の運用会社のプロダクトを直接購入しているところも見受けられます。

オルタナティブ運用の目的は、利益の追求ではなく分散投資によるリスクの軽減です。今では、その効果を狙ってオルタナティブ運用での個人向けファンドも販売されるようになってきました。

どんな環境でも絶対リターンを求めるというイメージは、短期売買による運用を想像するかもしれません。しかし、実際はオルタナティブの投資対象は広範囲にわたり、いくつもの投資対象を組み合わせることによって分散投資の効果を狙います。安定的な収益を目指す投資家にとっては取り組みやすい運用手法と言えるでしょう。

また、最近ではヘッジファンドとPEファンドを組み合わせたファンド・オブ・ファンズやデリバティブを運用対象にしたヘッジファンド複製商品、ヘッジファンドインデックスに連動するファンドなども登場しています。ヘッジファンドやデリバティブを投資対象にしているため投機的な印象を受けるかもしれませんが、オルタナティブ運用は分散投資を目的にしていることと、長期投資のために用いる運用だということを理解しておくことが重要です。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.
ページのトップへ戻る