BIG4系FASストラテジー部門の魅力とは

グローバル化に伴い、クロスボーダー案件が増加していることから、グローバルなネットワークを持つBIG4系FASへの依頼は必然的に増えているようです。

昨今、M&Aは企業の事業戦略上必要不可欠なものとなり、経営企画部などに専門メンバーを揃え複数のM&A案件に同時平行で取り組んでいるという企業も多く見受けられます。また、既存事業の強化に加え、業界の規制緩和による新規参入、デジタル変革に対応するためのデジタル企業の買収による新しい事業領域への参入などM&Aの目的が、多種多様になってきています。

BIG4系FASストラテジー部門

そのような状況で、M&Aアドバイザリー業務に経験・スキル等求められるものが変わってきています。BIG4系FASにおいては、これまでのM&Aのエグゼキューション支援に加え、事業戦略の立案・検討段階から、買収後のPMI的なサービスも積極的に行っており、IBDや戦略コンサルなどとの差別化になってきているようです。

BIG4系FASのストラテジー部門では、公認会計士や財務のプロフェッショナルやPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)業務のプロフェッショナルなど異なるバックグラウンドを持った専門家と協働しながら、スキルに幅を持たせたり、戦略コンサルに加えM&Aという特定領域にエッジを立てることができます。

BIG4系FASには様々なプロフェッショナルチームがいますので、必要に応じて他のチームの知見を使いながらアウトプットの質を上げていくことで、きます。BIG4FAS内でのネットワークをうまく使いながら、M&Aを軸としたよりハードなクロスボーダーの経営問題をサポートしていく経験ができるのはFASのストラテジー部門ならではの魅力かと思われます。

FAS

Posted by willhearts_blog