【BIG4系FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)】銀行員の活かせる経験・スキル|銀行員の転職先|

銀行員のキャリア・スキル評価する業界・職種としては、BIG4系FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)のM&AトランザクションサービスM&Aアドバイザリー業務、バリュエーション(企業価値評価)業務やコーポレートストラテジー業務がございます。

資産運用会社

M&Aトランザクションサービスは、M&A取引(トランザクション)の価値を最大化するために、案件の初期段階から、案件のクロージング後のサポートを行います。

M&Aアドバイザリー業務は、M&Aを実現のため、M&A戦略の策定支援、M&Aの実行支援およびM&A実行後の統合戦略策定支援まで、M&Aライフサイクルの全てのステージにおいて、セルサイド・バイサイドのファイナンシャルアドバイザーとしてクライアント企業へサポートを提供します。

バリュエーション(企業価値評価)業務は、買収候補企業の企業価値や事業価値評価をはじめ、合併比率算定や知的財産権の評価、さらには事業用資産の減損テストなど様々な価値算定を行います。

コーポレートストラテジー業務は、アドバイザーとしてM&Aにおける初期的検討から統合サポートまでプロセス全てに関与し、サービス提供を行ないます。

銀行でのM&A関連業務の経験がある方は勿論のこと、経験が無くても基本的な財務会計知識のある若手銀行員でポテンシャルが高い方は歓迎されます。ただし旧帝国大学卒やハイレベルの英語力、証券アナリスト資格合格者や1次試験合格者、日商簿記1級、USCPA資格取得者や科目合格の方など何がしかの「売り」があればオファーをゲットできる可能性は高くなります。

最近では、BIG4系FASに加え、M&Aアドバイザリー専門のブティック系ファームなども若手銀行員の採用を積極的に行っています。