M&AアドバイザリーからPEファンドへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 金融業界の転職成功事例 >資産管理業務からフォーマンス分析・リスク管理

フォーマンス分析・リスク管理へ転職

事例6:資産管理業務からAMのパフォーマンス分析・リスク管理

◆転職理由
理工系大学卒業後、資産管理系信託銀行に入行し、配属された年金関係のバックオフィス部門にて4年間従事しておりました。業務内容自体は、嫌いではなかったのですが、入社後金融業界のことを色々知るようになり、ファンドマネージャーやアナリストなど運用関連業務に興味を持ち始めました、この金融不況下で、運用会社の転職は困難だとは理解していましたが、挑戦意欲が捨てきれず、思い切って運用会社への転職を決意しました。

◆面談・転職活動
インターネットで検索するなかで金融機関を専門に扱っているウィルハーツさんを見つけ、内容をよく読みましたが、若手キャリアチェンジが得意で有ること、代表が金融業界に精通しており、非公開求人を多数取り扱っていることなど、自分の希望がかなえるのではないかと直感し登録させていただきました。

登録後すぐに、連絡が有り、私の希望・これまでのキャリア等をお話させていただく機会を頂きました。 また、採用側が求めている人物像、スキル等を明確に教えていただき、現在の自分に何が足りないのか、自分の立ち位置を把握することができたのが大きな成果だったと思います。

社長とお話しする中で、どういう会社に転職し、どのようにキャリアを積んでいくのが私にとっていいのか社長が一緒になって真剣に考えていただいているのが判り、とても心強く感じました。 そのことにより、これまで運用部門にいくことしか眼中に無かったのですが、管理部門の責任者等別の可能性やキャリアも自分の中に見出すことができました。

その後、履歴書、職務経歴書の書き方から、面談の心得まで、1から10まで教えていただき、それを素直に即実行したのが良かったのか1社目で内定をいただき、最初の希望通り運用会社への転職を決めることができました。面接期間はもちろん、内定後も初めての転職で分からない事ばかりで、本当に細かいところまで相談させていただきました。社長のきめ細やかなフォローが無ければ、ここまで至ることは絶対無かったと思います。 本当にありがとうございました。

◆弊社コンサルタントのコメント
最初に来社された時は、運用の仕事をしたいとの一点張りでしたが、運用会社の各部門の職務内容や管理部門にも金融スペシャリストのポジションが多数有ることなど詳しくご説明しました。特に、理系の大学を出られているということで、パフォーマンス分析やリスク管理のポジションに大変興味を示されました。

同時期に、親しいアセットマネジメント会社から若手の方で管理部門を全般の仕事を覚え将来管理職として活躍してくれるような候補者を探して欲しい旨依頼がありましたので、紹介をいたしました。伸びしろが有り、お人柄も良い方でしたので、担当役員をはじめ面接をした方皆さんから高く評価をしていただき、1社目で決まりました。入社後の当面の目標は、早期に仕事を覚えることと、英語力アップとの事でした。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.