セールス・トレーダーへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > セールストレーダー|職種紹介

セールス・トレーダー

セールス・トレーダーの転職セールス・トレーダーは、クライアントの取引ニーズを的確に把握し、売買執行手法、タイミング等をクライアントと十分に検討したうえで、実際に受注しマーケットで執行します。セールストレーダーの種類には、株式・債券・デリバティブ等の種類があります。

セールス・トレーディングは、顧客のオーダーをすばやく間違えずに執行したり、瞬時に客に最良の執行方法を提示したりしなければならず、緊張の連続の仕事です。また、最近はトレーディング・システムの発達がすさまじくシステムに対するアレルギーがある人には不向きです。

クライアントとマーケットとをつなぐのが、セールス・トレーダーの主な役割です。セールス・トレーダーは、クライアントの取引ニーズを的確に把握し、売買執行手法、タイミング等をクライアントと十分に検討したうえで、マーケットへの執行を行います。 クライアントがいわゆる「決め商い」相対取引等を行う場合は、クライアントと自社のトレーディング・デスクをつなぐのもセールス・トレーダーです。セールス・トレーダーは、トレーダーと価格交渉を行い、クライアントにプライスを提示します。

たとえば日本株のセールストレーダーは、セールス部門ならびにリサーチ部門と共に国内外の機関投資家へのコンタクトを行います。バイサイドのファンドマネジャー、アナリスト、トレーダーに対しそれぞれマーケットにおける専門的見地からのアドバイスを行い、その結果として注文を受ける窓口になります。

執行トレーダーへの注文に関する詳細かつ的確な指示、モニタリングを通じ、最良執行を目指します。日々刻々と変化するマーケットに対しての俊敏さ、市場全体を見渡す相場観、セールス、リサーチ同様、個別銘柄についての知識が求められ、ハードな仕事ですがとてもやりがいのある仕事です。

セールス・トレーダーは専門性が高い職種ということもあり、同業他社からの転職がほとんどを占めています。しかし、完全未経験のポテンシャル採用が行われることはまずあまりありませんが、バイサイドでトレーダー経験のある方や、取り扱うプロダクトに精通している方であれば採用する側が気に入れば、可能性はあります。セールス・トレーダーは、専門性が高く、原則は経験のある方でないと門戸が閉ざされている職種ですが、期間限定でポテンシャル採用を行うこともございますので、セールス・トレーダを目指されている方は、こまめに情報収集を行い、転職のタイミングを逃さないことが重要です。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.