プライベートバンキングへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > プライベートバンキング|職種紹介

プライベートバンキング

プライベートバンキング業務 プライベート・バンキング業務は、金融機関が富裕層を対象に金融グループ内の銀行・信託銀行・証券会社などを通じ総合的な資産管理を行うサービスです。サービス内容としては、資産運用・管理のアドバイスに加え、資産の継承、税務対策など様々なサービズの提供を行っています。

日本国内では、国内系外資系の金融機関が富裕層向け金融サービスを行っており、「プライベートバンク」又は「ウェルスマネジメント」と呼ばれています。取引最低金額としては、各社まちまちですが、国内系の場合はおおよそ1億円、外資系の場合は3億円から5億円程度です。

提供する金融商品は、いわゆる公募金融商品に加え、私募投信や仕組債など顧客のニーズに合わせたテーラーメードの金融商品も提供できる体制を整えているところが多いようです。又、顧客を担当するコンサルタントは、社内でもトップクラスの人材を配置しており、顧客を担当する人材の優秀さは、富裕層向け金融サービスの特徴ともいえるでしょう。

最近では、資金を預かり運用を金融機関に一任する「投資一任サービス」を利用する富裕層が多くなってきました。「投資一任サービス」は、顧客から委託された運用資金を、個々の顧客の運用ニーズを反映して一任勘定で運用する口座で、運用手法、金融商品、管理方法などについて、よりオーダーメード的なきめ細かい資産運用管理サービスを提供することを特徴としています。米国では資産家に人気が高く、運用残高が大幅に増加しています。日本国内でも証券会社を中心に銀行・信託銀行での取り組みが増えています。

外資系の場合は、プライベートバンキング業務担当者(プライベートバンカー)の力量による面が大きいのですが、国内系金融機関では、金融商品が充実しているだけではなく、グループ内金融機関を通じ相続税などの節税対策、企業オーナーのための事業承継サービスなど、付加的なサービスが充実しているところも見受けられます。

職種一覧に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.