プリンシパル・インベストメントへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > プリンシパル・インベストメント|職種紹介

プリンシパル・インベストメント

プリンシパル・インベストメントの採用動向プリンシパル・インベストメント(PrincipalInvestment:PI)とは、自己資金による投資のことを指し、エクイティやデッドなどのコーポレート投資から不動産等アセット投資などに使用される投資手法である。日本では商社や国内系証券会社の子会社でプリンシパル・インベストメントを行うことが多く見受けられる。投資後は、同グループ内の各種金融サービスに加え、多種多様な業種に及ぶネットワークを活用して、投資先の様々なニーズに対応し投資先のバリューアップを図る。

プリンシパル・インベストメントは、経営権取得を前提とした株式を取得する買収ファンド等とは異なり、経営権取得を必要条件とせず、投資期間についても柔軟に対応出来るのが特色である。プリンシパル・インベストメントは、株式の取得やストラクチャー案件への出資または貸付、各種ストラクチャー案件(LBO)を含めたメザニンファイナンスにも対応ができる。

投資ファンドでは第三者の投資家から募った投資資金によって投資を行うのに対し、プリンシパル・インベストメントは自己資金と借入資金によって投資を行う。自己資金のみで行うプリンシパル・インベストメントもあるが、特に不動産投資の場合にはパフォーマンスを向上させるため借入金も併用する。

投資ファンドの場合には投資期間が限られているために短期間で投資の成果を得ようとする傾向が強い。しかしプリンシパル・インベストメントでは投資ファンドと違い外部の投資家からの圧力を受けることが無いため、投資先に応じた投資期間や投資額の柔軟な対応が出来る。投資ファンドのように短期ではなく、中・長期的に高い投資収益を得ようとすることがプリンシパル・インベストメントの特徴となっている。

投資ファンドの場合には、パフォーマンスに応じた手数料を除いては資金の出し手である投資家に払わなければならないが、プリンシパル・インベストメントの場合は、投資収益はほぼ全額を自己の収益となる。

このように高いリターンを期待することができるプリンシパル・インベストメントであるが、投資に関するリスクはすべて自己資金を出す投資家で負担しなければならないため、事前に綿密なデューデリジェンスを行うことが必要となる。プリンシパル・インベストメントのメリットは、投資に対する収益をほぼ全額得ることが出来るものの、リスクもすべて自分で負担しなくてはならないことからハイリスク・ハイリターンの投資手法であるといえる。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.