不動産ノンリーコースローンへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > 不動産ノンリーコースローン|職種紹介

不動産ノンリーコースローン

不動産ノンリーコースローン
ノンリコースローンは、「非遡及型融資」と呼ばれ、個人や法人などが保有する特定の事業や不動産等の資産から生ずる収益のみを返済原資とする融資です。ノンリコースとは、「遡及されない」という意味であり、融資に伴う求償権の範囲を物的担保に限定するため担保物件以外は遡及されないローンで、担保物件を売却して債権額に満たない場合でも、それに対する一切の債務から免責されます。

日本の金融機関のほとんどは、遡及型融資しか取り扱っていませんでしたが、不動産証券化市場の拡大によりノンリコースローンが注目されてきました。 融資を実行する銀行側は、事業そのものを判断材料として融資を行います。

例えば、ノンリコースローンの対象が不動産の場合は、不動産ノンリーコースローンと呼ばれ債権者である銀行が求償できる範囲は賃貸収入や不動産の売却代金に限定され、債務者の他の資産からは回収ができません。対象としては、賃貸マンションから大型の不動産開発まで様々であり規模等は限定されません。ノンリコースローンは、通常の融資金利より高めに設定することが出来ることから、資産流動化市場の発展に伴って今後も拡大が予想されますが、融資を行うかどうかを決定する銀行側には、リスクを軽減するため「事業性の分析」など高度な判断力が必要となり、優秀な人材の確保が急務となっています。

資産の当初保有者のリスクを切り離す必要があるために、基本スキームとしては、資産流動化法に基づき特別目的会社(Specific Purpose Company)を設立し、SPCが資産当初保有者と売買契約を行います。金融機関は特別目的会社(Specific Purpose Company)に融資を行い出資金と合わせ物件代金を支払います。SPCはローン返済を物件の収益から行い、剰余金は借入主体である投資家に配当として支払います。

拡大する証券化市場を背景に、銀行側も有望なビジネスとして力を入れていますので、不動産ノンリコースローンを扱っている銀行での、採用意欲は非常に高いといえます。未だ成長市場の分野であるため、未だ専門家は少なく今後経験を積みスペシャリストを目指していくには良いポジションです。

職種一覧に戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.