財務デューデリジェンスへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > 財務デューデリジェンス|職種紹介

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスの転職デューデリジェンス(DueDiligence)とは、買収・売却の対象となる企業や事業の価値を、収益性やリスク面から詳細に審査することを指します。デューデリジェンスは、資産や負債の実態把握など財務の査定、定款や重要契約の内容等法務の調査、企業組織や生産・販売活動の調査などに大別されます。

M&Aにおけるデューデリジェンスは通常、ビジネス・デューデリジェンス、財務デューデリジェンス、法務デューデリジェンスに分けられます。財務・法務が主に「過去および現在のリスク」を精査するのに対し、ビジネス・デュー・デリジェンスでは、リスクに加え、企業の「将来のポテンシャル」を見つけ出します。

「財務デューデリジェンス」とは、企業が作成した貸借対照表、損益計算書の適正性を検証し実態に修正した貸借対照表、損益計算書をレポートするサービスをいいます。「法務デューデリジェンス」とは取引の前提となる契約関係などの法律上の有効性を評価しそのリスクをレポートするサービスをいいます。「事業デューデリジェンス」とは対象企業の属する市場規模やその動向、競合環境の推移等を調査しレポートするサービスをいいます。

デューデリジェンスの目的は、投資対象の適正な購入価格の算定や対象物件に内在しているリスクを避けることにあります。もしデューデリジェンスが不十分だと、適正価格より高い代金を支払わなければならなかったり、購入後に対象物の瑕疵が発覚し、大問題になったりといった事態が生じる可能性があります。

財務デューデリジェンスは、買収される側の収益性、帳簿価額と時価との乖離、決算書に記載のない簿外債務の有無、税務リスクなどを精査し、買収条件や価格算定等の前提条件をディスクローズするものです。

日本企業による海外企業の買収案件は、歴史的な円高を背景に、今後飛躍的に増加することが予想されています。クロスボーダーM&A案件の増加を受けて、グローバルなデューデリジェンス業務はますます重要な業務になると考えられます。また、日本国内においても事業承継問題によりM&Aは今後も増加が予想され、対象企業の企業価値評価などの局面でデューデリジェンス業務は、益々重要な業務になると考えられます。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.