コーポレート・アクションへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > コーポレート・アクション|職種紹介

コーポレート・アクション

コーポレート・アクションの転職コーポレート・アクションとは、企業分割や合併、株式分割や併合、増資や自社株買い、配当金支払いなどの企業活動をいいます。企業がコーポレートアクションを起こした場合、その企業に投資を行っている運用会社や信託銀行、証券会社、銀行など関係金融機関がそれに対応したオペレーションを行います。この業務をコーポレートアクション業務といい、オペレーション関連業務の一つです。

クライアントの保有する有価証券に影響のあるコーポレート・アクションの情報を入手した場合には、関連する金融機関は速やかにその情報を関係先に伝え、更にクライアントのアカウントに正確かつ迅速に反映していく必要がありますが、日本国内の投資家のアジア市場等外国証券投資が活発化していくなかでコーポレート・アクション業務の重要性は日々増してきています。

外国証券の場合、投資家に代わって有価証券の管理を行う機関であるカストディアンとの連携が特に重要となります。日本の投資家が海外の有価証券に投資する際には、海外のカストディアンを利用しますし、逆に海外の投資家が日本の有価証券に投資する際は日本の金融機関のカストディサービスを利用します。

カストディアンは有価証券の保管業務に付随して、取引の決済、配当金・元利金の受領、議決権の行使、コーポレートアクションの報告などの事務を投資家に代わって行うほか、証券のレンディングを行うこともあります。日本では、信託銀行や大手銀行がカストディアン業務を手がけています。コーポレートアクション業務は、グローバル投資が益々活発化していることから、外資系は勿論ですが、国内系金融機関の求人でも英語力がほぼ必須となっています。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.