コンプライアンスへの転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 職種一覧 > コンプライアンス|職種紹介

コンプライアンス

コンプライアンスの転職アセットマネジメント会社は、金融商品取引業者として登録されると、法令等を遵守し業務が行われているかについて、証券取引等監視委員会の検査を受ける対象になります。検査を受け重大な法令違反等が発覚した場合には、金融庁より業務停止等の行政処分が行われることもあります。

アセットマネジメント会社では、コンプライアンス部門を運用部門等とは別に独立させ、金融商品取引法及び関連する政令の定める諸規則、社内ルール等に従った適正な運用が行われているかの管理、法令や投資信託協会等の定める諸規則、社内ルール等について指導・教育を行ない、コンプライアンス状況を監督します。

具体的な業務としては、たとえば個別のファンド毎に、運用状況の監査をしています。この監査のことはモニタリングと呼ばれます。投資運用業者は、ファンドの運用を任されているといっても、完全にフリーハンドであるわけではありません。通常は、顧客と資運用方針を決めて、運用方針に沿って運用を行っています。例えば「ファンドの50%以上は、国債で運用する」などと定められています。

運用会社のコンプライアンス担当者は、毎日ファンドの運用状況が運用方針通りかどうかをモニタリングしています。それ以外の、コンプライアンス部門の業務内容として、法務コンプライアンス・投信関連開示資料チェック・広告審査・契約書チェック・法令・協会ルールフォロー・社内規則等の制定と管理・役職員有価証券取引の管理・社員のコンプライアンス研修実施など多岐にわたります。

職種一覧トップに戻る

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.