若手銀行員のキャリアチェンジ転職

株式会社ウィルハーツ

  1. 金融転職支援サービスエントリーフォーム
  1. 金融業界への転職でよくある質問
  1. 若手転職成功事例

サイト内検索

  1. M&A最新求人
  1. 会計士の転職サポート

会計士の転職サポート、FAS・PE・IBなど貴方のポテンシャルを見抜きお手伝いいたします。

  1. 特集&コラム
  1. 若手銀行員の転職
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

金融転職 ホーム > 銀行の転職・求人情報 > 若手銀行員のキャリアチェンジ転職

若手銀行員のキャリアチェンジ転職

若手銀行員のキャリアチェンジ転職

メガバンク(都市銀行)の若手行員の離職率は、業種と比べ高いと言われています。実際、弊社サイトに転職相談をされてくる方のトップ業種は銀行です。大学生の就職活動においてメガバンク(都市銀行)は採用人員が多く人気の業種ですが、採用人数が多いというのは、裏を返すと離職率が高いということが予想できます。

大学生・大学院生がメガバンク(都市銀行)への就職に憧れる傾向があるものの、銀行で勤務し厳しい現実が見えてくると、逆に銀行を転職先として考える人が少いのが実情です。

メガバンク(都市銀行)の若手行員が転職を考える主な理由は、いくつか挙げられますが、一番の理由は、高学歴で優秀な方が多く、自分は他業界でも採用されるのではないかと考え、転職活動を開始するのではないかと思われます。実際、若手のメガバンクや大手地方銀行の出身者は様々な業界で活躍されています。

若手銀行員の場合は、大学・大学院での専攻(経営、経済、留学等での語学力、理系、金融工学、プログラミンスキル)等や収得した資格(簿記、アナリスト資格、CFA、公認資格、米国公認会計士資格、CFP)加えて入社後の配属された部署・ポジションでのキャリアによって様々な職種へのキャリアチェンジが可能となります。

財務・会計スキルを活かしたポジションとしては、証券会社や資産運用会社、機関投資家サイドでの日本株アナリストやクレジットアナリスト、英語力がある場合は、外国株アナリスト、外債クレジットアナリストが挙げられます。また、格付け会社での格付けアナリスト、M&Aアドバイザー、投資ファンド、企業再生・戦略系コンサルなどかなり幅広い職種へのキャリアチェンジが多いようです。

法人営業(RM)として顧客と折衝してきた経験は、証券会社や資産運用会社での機関投資家営業、販売会社向け投信営業、年金営業など、英語力があれば海外投資家向け営業で評価されます。

経営企画・営業企画・業務企画・事務企画といった企画系業務に従事されてきた経験は、事業会社や金融機関を対象とした戦略系や企業再生系コンサルタント、FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)などで高く評価されます。

理系スキルがある方は、クオンツアナリストや運用商品の開発・分析業務など、銀行でのリスク管理部門経験がある若手の方は、金融機関に対して最先端のリスク管理・規制対応のノウハウを提供するコンサルティングファームで引っ張りだこの状況となっています。

キャリアチェンジを志向する若手銀行員の方が応募できるポジション状況、ご志向やキャリアプランの相談でも結構でございます。ご自身の可能性を知りたいという方は是非一度弊社コンサルタントにご相談ください。ご自身では気づかれないポテンシャルを見出し思わぬポジションが見つかるかもしれません。

 
Copyright © 2005 WILLHEARTS Co.,Ltd. All rights reserved.