株式会社ウィルハーツ
金融転職 ホーム > 特集&コラム > 採用担当者はSNSをチェックしているのでしょうか?

採用担当者はSNSをチェックしているのでしょうか?

転職活動中のSNS対応について

クオンツアナリスト最近の採用担当者は、応募者のSNSチェックをしていると言われています。採用担当者がSNSをチェックする理由としては、応募書類や面接で見えない素顔を知りたい、差別的発言など人間性が疑われる言動をしていないか、交友関係はどのような人が多いか、特定の企業への悪口や噂話を言っていないか等です。誰がどこで見ているかわからないのがインターネットの世界です、自分の発言には十分に気をつけたいものです。

入社後に社内に関することを投稿しSNSが炎上し、企業が謝罪するといった事態に発展する可能性もあります。SNSを利用するかどうかについて、もちろん、企業側から社員に強制することはできませんが、将来起こり得るリスクを回避するために、採用候補者のSNSマナーをチェックし、従業員として採用することにリスクがないかどうかを確認するのは採用担当者として当たりかと思います。

例えば、交通機関で乗り合わせた人を無断で撮影してアップ、悪ふざけ投稿、確信のない情報を拡散、大勢に知らせてはいけないような内容を投稿などは要注意です。SNSはうまく付き合うことができれば、楽しい便利なツールです。SNSを使用するときには、他人の好きを否定しない、自分の個人情報を公開するときは慎重に行う、他人の個人情報は許可を取り載せる、拡散する時は、信用できる情報なのかどうか必ず発信元を確認する、特定の思想・団体を差別する発言は控える、タグ付けは必ず相手の許可を取ってからするなど特に気を付けてください。

逆に、SNSを正しく活用しておれば好感を持たれ評価されることもあります。自分のことだけでなく、相手のことを考えてSNSを使えば、おのずと情報リテラシーも上がり、人としての評価もアップしていくものです。インターネットが普及した現代では、快適なSNSライフを過ごすことが、内定への近道とも言えそうです。

無料転職相談をご希望の方

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはSSL認証を使用しており、エントリーフォームを暗号化して送信しています。セキュリティには万全を期しておりますので、安心してご利用いただけます。

ページのトップへ戻る